single.php

VisualStudioCode 1.54 気になった機能レビュー

2021年02月にリリースされた「Visual Studio Code」の新しいバージョン1.54に追加された機能で気になった部分のレビューを投稿してみます。

スポンサーリンク

2021年01月にリリースされたバージョン1.53 に関する別記事もご覧ください。

Apple Silicon対応

私も含めて、Windowsで開発をしている方には関係ない話ですが、今回のバージョンからApple Silicon CPUのネイティブ対応されたインストーラーが追加されています。

エディターの新しいファイル操作

ファイルとフォルダーを操作するエクスプローラー表示に[無題の新規ファイル]などを作成するアイコンが追加されました。メインウィンドウ左の[エクスプローラー]メニューで[開いているエディタ]グループ部分に、新しく[無題の新規ファイル]のアイコンが追加されました。

以前のバージョンでは[エディターウィンドウの垂直/水平を切り替える][すべてを保存]と[エディターを閉じる]のみが表示されます。

まとめ

今回の更新では、大きな変更点としてApple Siliconのネイティブ対応が追加され、新しいMacintoshで採用されているCPUでも利用できるようになっていました。

それ以外の部分は、個人的には便利な機能を見つけることができず、エディターの使い勝手など細かな部分が改良されていました。

特に[開いているエディター]グループでの[新規ファイルの作成]を操作するアイコン追加は、Webアプリケーション開発の際に、HTMLやJS、CSSなど新しいファイルをテスト的に追加した利する際に、操作の手順が省略できる細かな改良が追加されています。

その他にも、Gitなどでステージ設定をしたファイルをタブに表示されるテキストの色で判断できるようになったのも、コード管理の操作が楽になる設定が追加されています。

他の機能や詳細な部分は、1.54のリリースノートをご覧ください。

「Visual Studio」と聞くと、Windowsアプリの開発環境としてのイメージが大きいですが、「Visual Studio Code」の場合、LinuxやMacOSでも利用者が多くなってきているマルチプラットフォームに対応したスクリプトエディタです。

その他に、インストールする場所を変更する「ユーザーセットアップディストリビューションへの切り替え」が実施されています。メッセージが表示された場合には、新しいインストール場所に再インストールをお勧めします。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です