single.php

Windows10でBluetoothデバイスの削除する際に「削除に失敗しました」が表示された場合の対処法

Windows10でペアリングしているデバイスを削除する操作で「削除に失敗しました」が表示された場合の対処法を備忘録的に投稿しておきます。

スポンサーリンク

削除に失敗しました

Windows10でペアリングしているBluetoothデバイスの正常に動作しなくて[Bluetoothとその他のデバイス]画面で、デバイスを削除しようとした場合に、[削除に失敗しました]と表示されて削除が出来ない場合があります。

特にエラーコードが表示されることもなく[デバイスの削除]ボタンを何度クリックしても削除できない状態になります。

デバイスマネージャーで削除

デバイスマネージャーを開いて、[Bluetooth]ツリーに削除に失敗しているデバイスがある場合には、削除します。

再度、[Bluetoothとその他のデバイス]を表示して[デバイスの削除]をクリックしてみます。

まだエラーが表示される場合には、ドライバー側に原因があります。

原因はBluetoothドライバー

エラーメッセージが表示されない場合、原因が分からない場合が多いですが、経験からすると原因はBluetoothドライバーにあることが多いです。

ドライバーの再インストールすると改善される場合があります。

ただし、Windowsが用意している標準ドライバー以外のドライバーファイルを使っている場合には、削除すると再インストールできなくなる可能性があるので、必ずドライバーの削除をする前に再インストールするためのドライバーを確認しておきます。

また、ペアリングしている他のBluetoothデバイスが解除されてしまう可能性もあるので注意してください。

ドライバーを確認したら、次の手順でBluetoothドライバーを再インストールします。

1. Windows10の[設定|アプリと機能]でBluetoothドラバーを検索して、[アンインストール]ボタンをクリックします。

2. ドライバーが削除されます。

3. Bluetoothドライバーをインストーラーでセットアップを行います。

再度[設定|Bluetoothとその他のデバイス]画面を表示してデバイスを削除します。

まとめ

Windows10で[Bluetoothとその他のデバイス]画面で[デバイスの削除]ボタンをクリックして[削除に失敗しました]エラーが表示されてペアリングしているBluetoothデバイスが削除できない場合は、Bluetoothドライバーに原因がある可能性があります。

ドライバーファイルを用意して、Bluetoothドライバーを再インストールすることで改善されます。

[Bluetoothとその他のデバイス]画面で[削除に失敗しました]エラーが表示されて困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です