single.php

1/144 HG改造 MS-09R ドズル・ザビ専用ドム製作日誌(28日目)ネイルシールでレリーフ装飾

1/100 マスターグレード(MG)でしか立体化されていない、ドズル・ザビ専用ドムを 1/144 HGキットを改造して作っていきます。今回は塗装したパーツにネイルシールで特徴的なレリーフ装飾をしていきます。

スポンサーリンク

ネイルシールでレリーフ装飾

過去に、ドズル・ザビ専用ザクマ・クベ専用グフと同様にネイルアートで使うシールを利用してレリーフ装飾を追加していきます。

ひたすらカットして貼り付け

ネイルシールは、こんな感じの箔押しされたデザインが透明な保護シートで覆われていて、シートに糊が付いているので切り取って、パーツに貼るだけで少し盛り上がった(エングレービング的な)金ピカを再現することができます。

今回は、連続的な模様がデザインされたシートを選びました。

デザインナイフやカッターで、貼る場所に合わせて大まかにカットします。

後は、台地から剥がしてパーツに貼り付けます。透明な保護シートは薄いので貼り付け後は目立たなくなります。貼り付け後にクリアで塗装することで、さらに目立ちにくくさせることもできます。

照明の当たり具合で、キラキラ輝くのでパーツが一気に豪華仕様になります。

Amazonなどでも数百円から購入できるので、おじさんでも手軽に手に入れることができます。

元々爪に貼り付けて使う製品なので、透明な保護シートはある程度柔軟性があり、曲面で構成されたパーツでも貼り付けることができます。

曲線で貼り付ける方法

連続したデザインのネイルシールを曲線状に貼り付けるには、細かくカットしてブロック単位で貼り付けることで綺麗に貼り付けることができます。

まずは頂点になる場所に、デザインされた部分の一部分をカットしたシールを貼り付けます。

数個単位に分けたデザインでネイルシールを切り分けておきます。その際に角を面取りしておくと貼り付ける時に作業が楽になります。

角度を付けながら、切り取ったネイルシールを貼り付けていきます。

急な角度でネイルシールを貼り付ける場合も同様にカットしたシールを用意することでキレイに貼り付けることができます。

1個単位でデザインをカットしたシールを用意します。もちろん面取りもお忘れなく。

角度を付けながらカットしたシールを貼っていきます。

保護シートを面取りしておくことで、シートが重ならずキレイに貼り付けられます。

角度を付けて切り返すデザインの脚部も同じ様に、頂点部分に1個にデザインを切り分けたシールを先に貼り付けておきます。

背面の部分にも1個にデザインを切り分けたシールを先に貼り付けておきます。

後は頂点の場所まで数個(2個~5個)に切り分けたデザインのシールを貼り合わせていきます。

脚部は左右対称ではないので、少し難しいですが上手く頂点でデザインが重なるように調整しながらシールを貼り付けていきます。

胸部のような直角で曲がるような部分は割り切って、曲げずに角度を付けてシールを貼ってしまった方がキレイに見えます。

まとめ

今回は、塗装したパーツをネイルシールを使ってレリーフ装飾の再現を行いました。本来は爪に装飾するための製品ですが、裏面が粘着シートになっているのでパーツに手軽に貼り付けて、エングレービング的な表現をすることができます。

製作したキットは、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回は、いよいよ組立て作業に入ります。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です