single.php

3Dプリンター ムサイ改型ワルキューレ 製作日誌(46日目)量産型ザクの筆塗り

光造形 3Dプリンター「ELEGOO MARS PRO」を使って、ムサイ改型ワルキューレを作っていきます。今回はコムサイと同スケールで造形したザクの筆塗りに挑戦していきます。

スポンサーリンク

光造形 3Dプリンター ELEGOO MARS PRO

フィラメントのPLA樹脂などを利用する3Dプリンターが有名ですが、ELEGOO MARS PROは紫外線硬化するレジンを使って、造形物を印刷するプリンターです。PLA樹脂を使うプリンターよりも細かな造形ができるので、どのくらいの再現ができるのか、練習材料にガンダム ORIGINで登場する「艦隊指揮艦ドズル専用 ムサイ改型ワルキューレ」を製作していきます。

前回までの作業は、別記事をご覧ください。

量産型ザクの筆塗り

随分前に印刷していた同スケールでプリントしたザクを筆塗りで塗装をしていきます。

以前、コムサイのサーフェイサーを塗る時に、ついでにザクも黒色サフで下地を塗ってあります。

エアブラシ塗装あるあるだと思いますが、エアブラシのタンクに塗料が余った時に、ついでに塗っておくパーツを頭で考えておくと、塗料の無駄使いを防止することに繋がります。

とりあえず、一番薄いグリーンはタミヤのアクリル塗料の濃緑色にホワイトを調色して塗りました。はみ出しとか塗り忘れを気にせずに、面相筆(または小さな平筆)で一気に塗ります。

よく乾燥させたら、再度塗り忘れた部分を含めてもう一度、同じ色で塗ります。よく乾燥させるのが重要で、乾燥していない塗料面に筆塗りしてしまうと、筆の跡が残ったりしてしまうので、十分に乾燥した状態で重ね塗りをするのが筆塗りコツです。

1色目が乾燥したら、濃い色を塗り重ねていきます。1色目でも利用した濃緑色を調色しない状態で塗っていきます。

なるべく段差の部分を利用して、塗り分けていきます。奥の部分は影になるので、無理に塗り分けずに1色目のままでも大丈夫です。失敗して塗料がはみ出してしまうと見映えが悪くなってしまうので、目に見える部分を重点的に塗り分けていきます。

最後に最も濃いグレー(今回はジャーマングレー)を面相筆で塗り分けていきます。膝や肘の関節部分の小さい部分は、特にはみ出るリスクが大きいので、息を止めて筆が揺れないように注意して、一気に塗っていくとキレイに塗れます。

塗料が乾燥したら完成。コムサイの上に乗せるだけで、多少下手くそな塗り方でも、カッコ良く見せることができます。特に小さいモデルは、塗装してあるだけで、脳内で「凄い」というハンデが付くので、勝手にカッコ良く見えるのは不思議です。

まとめ

今回は、同スケールで造形した量産型ザクを筆塗りで塗装しました。

多少不格好な造形物でも、塗装をすると無垢の状態より情報量が上がりカッコ良く見せることができます。

小さなパーツは筆塗りでもムラになることが少ないので、無理にエアブラシで塗り分け塗装をするよりも効率的に作業を進めることができます。

成功した造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回は、同スケールのザクを進めていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です