single.php

EXモデル マゼラン 製作日誌(8日目)ブースターの組立て

ブックオフで見つけた、掘り出し物的な「EX MODEL SAKAMIS & MAGELLAN」キット。先回、パーツを量産して造形した1段目と2段目のブースターロケットを接続していきます。

スポンサーリンク

ブースターロケットの組立て

先回、仮組みした1段目と2段目を組み合わせて、いよいよ大気圏離脱ブースターを組み立てていきます。可動部分も無いので、パーツを貼り合わせていくだけで完成します。

途中まで組みあがったのが、こんな感じ。1段目のブースターにはアルミパイプで芯棒を入れてあるので、かなりの重量物を乗せてもグラグラしないように設計してあります。

別の角度から見ると、こんな感じで自立するようになります。

マゼランを載せてみる

組みあがったブースターとマゼラン本体の機関部を接続してみました。

若干グラつきますが、アルミパイプで補強してあるので、しっかりと自立してくれます。

下から見上げると、こんな感じ。やっぱりロケットは見上げた構図だとカッコ良く見えます。

改めてオリジンの動画を観て、マゼランのブースターには中央にもノズルがあることを発見。これは設計に入っていなかったので新しく造形する必要があります。

まとめ

今回は「EX MODEL SALAMIS & MAGELLAN」キットのマゼラン用に造形した大気圏離脱ブースターロケットの1段目と2段目のロケット部分の組み合わせて、マゼラン本体とサイズを確認しました。

3D CADの画面でデザインしたパーツが目の前で設計通りに組みあがると、かなりの達成感を感じます。

造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回はEX マゼランの大気圏離脱ブースターの1段目のロケットを設計していきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です