single.php

旧キット 1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム 製作日誌(15日目)マゼラ・ベース造形

旧キットの再販で購入できた、「1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム」キット。どんどん横道に反れてしまっていますが、先回造形したマゼラ・トップに調子付いてマゼラ・ベースも3Dプリンターで造形していきます。

スポンサーリンク

旧キット 1/550 アッザム

リリースされた当時は、おそらく売れ残っていた類のキットなんですが、ガンプラ(転売)ブームの渦中では、再販品が出回っても一瞬で棚から消える状態。運よく手に入れることができたので今回は3Dプリンターでパーツを造形しながら改造していきます。

現物合わせの3D CAD設計

先回のマゼラ・トップと同様に、キット内のパーツから現物合わせで3D CADで設計を進めていきます。とりあえず、だいたいのサイズが分かるカッターマットの方眼部分にパーツを置いて、撮影。

それを3D CADに取り込んで、平面図のグリッド線に背景を合わせてなぞりながら3D CADで設計をしていきます。詳しいやり方は、先回の記事をご覧ください。

平面で描画した面をプルや回転させて造形物を設計していきます。

実際のパーツを見ながら進めると、割と早く設計が出来上がります。

とりあえず造形

設計が出来たら、早速造形。そもそも3D プリンターは試作用途で造形するためのツールなので、どんどん造形して修正をした方が早く納得のいく造形が完成します。

サポート材から切り出してマゼラ・トップを載せて完成。サイズ的には問題なしでしたが、キャタピラー部分がキットよりも薄くなってしまったので、修正予定。

こんな感じで、並べてみるとマゼラ・アタック隊が出来上がります。

まとめ

今回は 「1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム」に付属してくるオマケのマゼラ・アタックのベース部分を3D造形してみました。

以前は、シリコン型を作ってレジンで複製していましたが、画像ファイルが取り込める3D CADソフトであれば、パーツを撮影した写真をインポートして、現物合わせで設計することができます。

データが出来上がれば、簡単に複製することができるので同じパーツを複製するツールとして3Dプリンターを使うのも有効です。

造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回はベース部分の修正をしていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です