single.php

旧キット 1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム 製作日誌(25日目)メガ粒子砲の取り付け

旧キットの再販で購入できた、「1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム」キット。今回はようやく塗装が終わったアッザム本体のメガ粒子砲を取り付けていきます。

スポンサーリンク

旧キット 1/550 アッザム

リリースされた当時は、おそらく売れ残っていた類のキットなんですが、ガンプラ(転売)ブームの渦中では、再販品が出回っても一瞬で棚から消える状態。運よく手に入れることができたので今回は3Dプリンターでパーツを造形しながら改造していきます。

脚部の組立て

先回、3Dプリントでファンの固定部分を造形した際にポリキャップ化した部分を取り付けていきます。

こんな感じで、HGキットの余剰パーツになるポリキャップが付けられるように造形物に3ミリの棒を追加して、ポリキャップをキットの脚部に固定できるように、1.5ミリのプラ板(写真の白い部分)を加工して挟み込んでいます。

ポリキャップを挟んでいるプラ板に接着剤を塗布して脚部パーツに押し込んで固定。

本体上部のメガ粒子砲を載せます。

後ハメ用に開けてしまった穴を隠すようにメガ粒子砲を本体に固定して本体の組立て完了。

キットよりも、脚部の厚みがあるのでマッシブに見えるアッザム。

残るは、3Dプリントした移動用のファンの取り付けです。軸受けを用意して、回転させるように設計しましたが、ポロリが頻発する可能性が高いので今回は接着して固定します。

まとめ

今回は 「1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム」の、3Dプリンターでディテールアップした脚部パーツをポリキャップをジョイントにして本体に後ハメを行いました。

造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回は最終の移動用のファンを取り付けていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。