single.php

キーボードの脚修理をしました

キーボードの設置部分に貼り付けられている滑り止めが取れてしまったので、ホームセンターで売ってる商品で修理してみました。

こんな商品を買ってみました。厚みにもよりますが、200円~300円くらいです。本来は振動防止や防音などに利用する板ゴムに粘着テープが貼りつけられた商品です。

そもそもプラスチックや陶器に貼り付けられるのを前提に作られているので、色移りしないゴムが使用されているのも良いです。

キーボードを長年使っていると、脚部分の滑り止めの粘着部分が劣化して剥がれてしまいます。(写真は永く使っているPFUさんのHHKBです)

ラップトップコンピューターの裏面部分も同様に剥がれてしまうことがあります。運良く補修部品があれば良いですが、ほとんどの場合、特にキーボードの場合にはありません。PFUのページを確認してみましたがキートップやUSBケーブルなどはありますが、脚部分の滑り止めはありませんでした。

無いものは作るということで先ほどの防振、防音ゴムを細長く切ります。

長さをキチンと測り、カッターナイフで少しづつ切れ目を入れていき何度も切れ目をなぞりながら細切りにします。

後は剝離紙を剥がして、貼り付けるだけです。

キーボードなので、高さが変わると使い勝手に影響が出るので厚みも必ずチェックしてゴム厚と比較して購入することをおススメします。今回は3ミリ厚のシートな商品を購入しました。

これでしばらくは、キーボードが滑らなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です