single.php

アップローダーサイトのプレミアムアカウントになってみた(Alfafile 編)

群雄割拠なアップローダーのプレミアムアカウントになってみたシリーズです。第4弾の今回はAlfafileにしてみました。

まずはサインアップ

最近のアップローダーサイトは、きちんと多言語対応されているのであまり解説が要らなくなってきていますが、適当な日本語なサイトもあります。その辺りの確認も含めてチェックしていきます。

有料プレミアムアカウントになるためには、通常アカウントからアップグレードするサイトが多いです。Alfafileも先にサインアップが必要になります。画面右上の「サインアップ」ボタンをクリックして、メールアドレスとパスワードを入力して受信されたメールから続きを行っています。

サインアップが完了したら、「プレミアム」ボタンをクリックしてアップグレードのメニューを表示します。

Alfafileの場合、14.99ドルが最短(30日)の料金プランです。毎回書いていますが、アップローダーサイトの場合、突然サービスが停止したり再開したりするので多少値段が高くなりますが、なるべく短いプランがおススメです。長期プランにして、サイトが長期可動停止になった場合に、誰も保証してくれません。自己責任なのでご注意ください。

「帯域幅」とは、アップローダーサイトの場合、プランの期間内にダウンロードできる総ファイルの容量になります。例えば、$14.99プランの場合には月1テラバイトまでダウンロードできるという意味になります。

プランを選択したら、支払い方法を選択します。他サイト同様に、今回も「Vプリカ」を使ってみます。「VISA」を選択して「選択する」ボタンをクリックします。

クレジットカードの番号、有効期限から名前と住所を入力します。カード番号と有効期限、名前、苗字はクレジットカードの登録と同じものを入力します。「名前」と「苗字」は、「名」と「姓」だと思ってください。「Vプリカ」の場合には、登録してある名前を途中で切り取って入力を行います。(例「maggothand」であれば「maggot」と「hand」みたいな)

住所などは、ある程度適当(丁目や番地まで入力なしでも構いません)でも審査は通りました。

クレジットカードの与信が通ると、プレミアム会員になります。

最後の仕上げに、「支払い」メニューを選択して、自動更新を解除しておきます。サブスクリプションが切断されても、再度プレミアム会員になれば良いだけです。忘れていると永遠に課金されてしまうので、このオプションは解除をオススメします。

ダウンロード速度などは、検証してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です