single.php

ESR iPhone 8 ガラスフィルムを貼ってみた

iPhone用のガラスフィルムのお話です。最近機種変更したiPhone8のために購入した商品ですが、以外に良かったので紹介したいと思います。

ガラスフィルムって

スマホは複数台持ちですが、ガラスフィルムは初めて購入しました。何台も機種を乗り換えたり、貼り換えたりして来ていますが、通常のフィルムを使ってきました。

理由は、こんな感じになります。

  • 質量があるので、フィルムより重くならない?
  • 1度貼ってしまえば、貼り換えることは稀なので、コストが高くない?
  • 傷がついたら新しいフィルムに交換で済むので、ガラスじゃなくても良くない?

同じような気持ちの人は多いと思います。最近ではiPhoneなどニーズが多い商品は100円ショップでも売られているので、わざわざ1000円以上のコストをかける必要があるのかは、疑問が湧きます。

それに対して、ガラスフィルムの場合のメリットとしては

  • 傷(他スマホや鍵などの金属部品の接触などによるキズ)がつかない。
  • 落下による衝撃での液晶パネルの保護
  • 貼り付けた場合の透明度

などがありますが、どれもコスパを凌駕する理由にはなりません。

アマゾンセールで299円

結局はコストということです。299円であれば試してみようと(笑)300円以上するiPhoneの保護フィルム製品は山ほどあります。

現在は、この値段では購入できないかもしれませんがAmazonのセールは定期的に行われるので注視していれば、必ず良い値段で購入できるチャンスはあると思います。

商品レビュー

プラスチック製のケースで届きます。パッケージに記載された「5TIMES STRONGER」意味は良く分かりませんが、何かと比べて5倍強いらしいです。

内容物は見辛いですが左から、ガラスフィルム、貼り付け用冶具、取扱説明書、液晶パネルの汚れ取り用不織布(ウェット)

ガラスフィルムは角のエッジがテーパー処理がされているので液晶パネルに貼り付けた場合でも滑らかな感触になります。取扱説明書も日本語での記載もあるので英語が分からなくても、貼り付け手順が理解できます。

画期的だったのが、貼り付け用の冶具です。上の写真のようにiPhoneの液晶パネルに直接取り付けます。

空色のガイド部分の内寸がガラスフィルムの外寸と同じように設計されているのでガイドに収まるように貼り付けることで意識して位置調整をしなくてもピッタリの位置で貼り付け作業をすることができます。

これは優れものでした。ガイドを取り付けてガラスフィルムを仮置きして位置を確認したら、ガラスの貼り付け面の保護フィルムを剥がしたらガイドに乗せて中央部を上から指で押さえるだけです。ガラスの重みでスゥーっと空気が抜けていきます。

ガイドの取付からの所要時間は約3分程度、何度も位置決めすることなく1回で貼り付け作業が終わります。

ガラス素材なので、フィルムと比較してクリア感は断然上です。逆にマット感が好みであれば、おススメできませんがクリア感が好みであれば一度試してみる価値はあると思います。

タッチ操作も違和感なく、貼り付けることで操作感が悪くなることもありませんでした。後は落とした時に、どのくらい衝撃を吸収してくれるかです。これは試せないので、万一落とした時にまた記事にしたいと思います。

スポンサーリンク
 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

Amazonの商品リンクを追加しておきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です