single.php

iPhone8のAPN設定(BIGLOBE SIMの場合)

Apple嫌いの私は、ほとんど初めてのiPhoneのSIM設定。BIGLOBE SIMを差してもアンテナは立つけれど、インターネットに接続されません。それはAPN設定が必要だからです。

SIMトレイを取り出して、nanoSIMを載せて電源オンすると、上の画像のようにアンテナは立ちます。BIGLOBE SIMの場合には提供回線がドコモなのでキャリア表示の部分は「docomo」と表示されます。でもこのままではインターネットには接続できません。

なぜならAPN設定がドコモ側になっているからです。これをBIGLOBEが提供するAPNに変更する作業が必要になります。

APNとは

APNとは「Access Point Name」で平読みすると”アクセスポイント名”です。格安SIMを使う場合には避けては通れない言葉です。簡単に言うと無線LANのアクセスポイントのようなものです。各キャリアさん毎にアクセスポイントを独自で管理しているので、それぞれのSIMを管理しているAPNを設定する必要があります。

BIGLOBEのAPN設定

Androidなどの場合にはモバイル通信設定でAPNを選択したり、新しく追加する作業で終わりますが、iPhoneの場合には各業者で設定方法が違います。BIGLOBE SIMの場合には、無線でインターネットに接続できる状況で、設定ファイルをダウンロードしてインストールする手順で解決できました。

設定方法

Wi-Fiなどでインターネットに接続したら、ブラウザ(Safari)を起動して次のURLを参照します。

http://0962.jp/apn/

ブラウザが設定を開くか聞いてくるので、「はい」を選択します。

左上の「インストール」を選択します。

[承諾]の画面で[次へ]を選択します。

Windowsのプリンタドライバのようですが、未署名であることの警告と許可を求めてきます。勇気を出して「インストール」を選択します。

しばらくすると、APNの設定が完了します。これでBIGLOBE SIMがアクセスポイントに接続できるようになりました。

確認のために、ブラウザを開いて適当なサイトを参照します。

はい。無事に表示することが出来ました。昔からインターネットを使っている人でプロバイダーでBIGLOBEを選択している人も多いと思います。

その場合には、iPhoneのSIMロックは関係なしで格安SIMが使えますし、BIGLOBE SIMを使えば、BIGLOBEのIDを持っていることで月額費用が割引になりますし、BIGLOBEの無線アクセスポイントが無料で使えるようなサービスもあります。

万人ウケする格安SIM業者ではないですが、BIGLOBEユーザへの特典は大きいです(当たり前ですが)ホームページを見ると、キャッシュバックキャンペーンとかもやっていることがあるので通信費をお得にすることが出来ると思います。

特におすすめは「エンタメフリーオプション」です。月額480円で再生解像度などの制限がありますが、YouTubeなどのストリーミング系のサービスで発生するパケットをノーカウントにするサービスがあります。(つまり通信料にカウントされない)

興味のある方は、「BIGLOBE SIM」を見てください。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です