single.php

予約していた iPhone8 を手に入れたぞ

予約開始日(9月15日16時01分)にドコモサイトで予約していたiPhone8を店頭受け取りしてきました。

予約当日に在庫を確保するコツ

当日は、開始時刻以降はオンラインサイトが混雑(当然ですが)していて、タイムアウトの繰り返すブラウザを見つめながら、近くのドコモショップの店頭在庫で確保が出来ました。

結局、予約が成功するのは運です。しかし結果は、その運を何回試したかによるので粘り強く予約操作をするしかありません。1台では操作回数を増やすことはできないので、複数台持ちの方が有利になります。

PCブラウザでも良いですが、個人的な経験からするとスマホのブラウザの方が成功率は高いと思います。あくまで個人的見解ですよ。

店頭には店頭の良さがある

店頭に行くと、オンラインショップとは違う各店オリジナルのキャンペーンをしています。人件費なしのメリットで、とにかく安さを謳うオンラインショップとは違う良さがあります。(いわゆる企業努力、人間の知恵という類で共感する時があります)

今回の特典はこんな感じでした。

サービスセットをまとめて契約して、購入金額から5,000円引き

  • あんしんパック(970円)初回31日間無料
  • dヒッツ(500円)初回31日間無料
  • dリビング(450円)初回31日間無料
  • あんしんWi-Fi(550円)無料期間なし
  • VideoMarket(500円)無料期間なし
  • スピードモード1GB(無料)

トータルで、2,970円の月額商品になります。内3つ(1,920円分)は31日間無料なので初月で解約すれば、1,050円の月額商品の購入で5,000円引きです。

店頭予約特典で金券2000円分プレゼント

昔からある手法ですが個人的に、こういう直接的な特典は大好きです。今回はファストフードの商品券を2000円分いただきました。

ガラケーとのお別れ

合計で4台を持ち歩いていますが、このケータイだけは手放せませんでした。私の中では名機と言っても過言ではないと思います。

SONY(当時はSONY エリクソン)製の、SO905iCS。いたるところがボロボロですが、まだまだ使えました。2008年に購入したので、9年近く使ったことになります。

その間にバッテリ交換を1回しただけで、何の不調もなく「iモード」、「デジカメ」、「おサイフケータイ」など私のケータイライフを支えてくれてました。

電子証明書というムカつく存在

こんなに気に入っていた機種をスマホに変えたのには理由があります。それは電子証明書が更新できないという点です。証明書はサーバーとブラウザなどのデバイスでデータの受け渡しをする時のセキュリティを確保する際に「SSL(サーバーソケットレイヤー)」と呼ばれる技術で役に立っています。

例えば、あるサービスでデータをサーバー上に保存したり取得したりする際にインターネット上の悪意あるユーザにデータを盗み見られないようなことを実現しています。

と言えば聞こえが良いですが現在ではこの技術は、ほとんど無力に近くセキュリティ上意味はないのですが、あまりにも汎用な技術になってしまい今更他の技術を導入できない現実もあります。

そんな事は置いておいて、この証明書が更新できないとどうなるかというと電話以外の機能がすべて使えなくなるという現実に突き当たります。

実際私のケータイも、ブラウザは、SSLが無効になりWebを閲覧することが出来なくなりました。同じ理由で、モバイルSuiCaやお財布ケータイなどのアプリも使えなくなります。

どんな技術も長くもって5年ということだと思います。

iPhone 3G

2008年2月に購入した当時は、iPhoneはリリースされたばかりで次の機種 iPhone 3Gが6月に発表され、日本では7月に登場することになります。これから訪れるスマホへの流れが少しづつ傾きかけた時代でした。

それでもデカい画面とタッチ操作を除けば、待受時間やカメラ解像度などiPhoneには負けるところは無かったんです。

それから9年でiPhoneはX(10)になりました、日本市場はiPhoneに埋め尽くされ他のスマホは苦戦を強いられています。実際に何が良いのか分からないですが、とにかく日本人はiPhoneが好きみたいです。私はiPhoneおろかApple製品すべてが嫌いです(笑)

なぜiPhone8

そんなApple嫌いの私がiPhone8に機種変更したのは、単純に言うと家族のためです。9年前に4歳だった子供は、今年13歳になります。

あのスティーブ・ジョブズもデジタル機器を子供に渡さなかったように、私も子供にはデジタル機器を買い与えることはしてきませんでした。数年前に自作パソコンを1台と任天堂3DSを与えたくらいです。

その子供がiPhoneが欲しいと言ったのが今回の機種変更の始まりです。最初は格安スマホで良いと思っていましたが、日本市場はiPhone化され高校生にもなるとiPhone原理主義になっています。

つまりiPhoneを経験しないと大人になれないのです(笑)

私は子どもにAndroidスマホにするように説得をしましたが、スマホは丸いホームボタンであるべきであるという理由から彼が離脱することはありませんでした。彼の中では、iPhoneXはスマホではなくiPhone8のみが唯一無二のスマホなのです。

iPhoneを一番安く手に入れる方法。それがドコモでの機種変更だったのが今回の理由です。私のスマホはSIMフリーの機種ばかりで大抵はショップでは購入せず海外から並行輸入品で賄っています。そんなSIMフリーの中でもiPhoneはバカ高いんです。強気の値付けがされています。

EXPANSYS.COM iPhone8 検索結果

現在は予約受付中ですが、約11万円

国内のAppleストアで販売されているSIMフリー版も高く、割引もほとんどないので購入する気にもなりません。(笑)

Appleストア iPhone8 256GB スペースグレイ

約10万円

一番の価値を見出したのが、キャリア系が販売しているiPhoneです。キャリアから月々サポートが得られるので、2年縛りですが

50,112円で購入することが出来ました。

後は子供用に、格安SIMを入れるだけです。キャリア系はSIMロックが設定されていますが、おそらくDoCoMo系の通信網を使うSIMであればロック状態でも使えると思うので、これを試してみたいと思います。

BIGLOBE SIM エントリーパッケージ (2)

スポンサーリンク

長い投稿になってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です