single.php

SyntaxHighlighterのエイリアス(すぐに忘れる自分のため備忘録)

ブログにコードを載せる時に超便利な「SyntaxHighlighter」ですが、大抵コードを載せる段階で、どうやったら良いか忘れます。C#とかCSSなど良く書くのは覚えていますが、年に数回しか使わないようなエイリアスの場合、ド忘れしてしまうことが多々あります。

スポンサーリンク

使用方法

いろいろ調べてみると、本当の利用方法はPREタグを使うようです。エイリアス名を[]でタグのように使っていましたが、class=’brush: エイリアス’ とクラスに設定するのが一般的らしいです。

<pre class='brush: csharp'>
print "Hello World"
</pre>

結果

print "Hello world"

個人的に良く使うエイリアス

ほぼ備忘録ですが、個人的に使うエイリアスを一覧にしてみます。

記載するソース エイリアスで指定する文字列
Shell/Bash shell, bash
C# csharp
C++ cpp, c
CSS css
JavaScript js, jscript, javascript
Java java
PHP php
Text plain, text
SQL sql
Visual Basic vb, vbnet
XML xml, html

オプション

preタグが使えるようになると、いろんなオプションをつけることが出来るようになります。色々あるので、使って便利そうなものをチョイスしてみました。

    • タブサイズの設定(tab-size:2)
<pre class='brush: csharp; tab-size:4'>
コードでインデントを付ける場合の数字(既定値は4)
    • 行番号の非表示(gutter:false)
<pre class='brush: csharp; gutter:false'>
行番号を非表示にします(既定値はtrue)
    • 強調表示(highlight:[1-10])
<pre class='brush: csharp; hightlight:[1,2,3,6]'>
指定された行番号を強調表示にします

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です