single.php

YouTubeから「コンテンツに対して著作権侵害の申し立てが行われました」通知が届いた時の対処方法

YouTube使ってますか?「コンテンツに対して著作権侵害の申し立てが行われました」メールが届いて驚きました。動画をアップしている人であれば、だれでも知らずにやってしまっている(しまっていた)著作権侵害について投稿します。

スポンサーリンク

YouTubeからのメールは大抵

Google AdSenseを使っている人であれば、GoogleやYouTubeからのメールには大抵ビビります。(少なくとも私は、届いただけでビビります)

今回はタイトルが「コンテンツに対して著作権侵害の申し立てが行われました」だったので、かなり焦りました。そのメールの内容がこちら

maggothand 様

Content ID を使用している著作権所有者が、お客様の動画に含まれている素材を申し立てました。

これは一般的なお知らせのメールです
問題が発生しているわけではありませんので、アカウントの状態への影響はございません。

動画に広告が表示されて著作権所有者が収益を受け取っているか、または動画の視聴回数についての統計が著作権所有者に送られています。

次のステップ
問題がない場合、対応は不要です。動画を削除する必要はありません。

なんらかの問題があり、著作権所有者または YouTube のシステムの誤認である場合は、異議申し立ての手続きを行うことができます。なお、この手続きを使用するのは、動画に含まれているすべてのコンテンツに対してご自身が使用権を所有していることが明らかである場合のみとしてください。

著作権使用料無料の曲が必要ですか?
動画で使用する音楽を選ぶときに、YouTube オーディオ ライブラリから曲を選択すれば、著作権に関する問題を回避できます。曲は随時追加されます。

– YouTube チーム

どうやら、私が投稿した動画に著作権に保護された音楽が含まれているという通知でした。

著作権侵害

YouTubeに動画をアップしていると、知らず知らずのうちに侵害してしまうと思います。特にゲーム動画などは、ゲームコンテンツ自体が著作権に守られているので、ある程度、メーカー側も多めに見ている雰囲気だと思います。

ゲームのコピーなどは、完全にアウトですが、動画の場合、ゲーム内容が拡散されて売上へ貢献する販促的な側面もあるので、メーカー側もある程度はグレーゾーンを設けているのだと考えられます。

おそらく、著作権をすべて厳密に管理した場合、YouTubeにアップできる動画がなくなって、とっくにサービスは終了していたと思います。

対象はゲーム画面

詳細を確認してみると、2013年にYouTubeに投稿したゲームの動画のようで、タイトルは「アップテスト(1)」で、テスト的にアップしていた動画です。

画面を動画キャプチャーしている訳でもなく、デジカメで画面を直接撮影録画して、アップしていた動画でした。調べてみると、YouTube側が自動で行っているようで、この動画から曲名を判断して、著作権侵害を抽出しているのは、凄いと感じました。

対処方法

通知メールの内容はこうなっています。

次のステップ
問題がない場合、対応は不要です。動画を削除する必要はありません。

なんらかの問題があり、著作権所有者または YouTube のシステムの誤認である場合は、異議申し立ての手続きを行うことができます。なお、この手続きを使用するのは、動画に含まれているすべてのコンテンツに対してご自身が使用権を所有していることが明らかである場合のみとしてください。

つまり、何もしなくても良い。何か変な感じがしますが、「異議がある場合には申し立ててください」という通知のようです。

これは一般的なお知らせのメールです
問題が発生しているわけではありませんので、アカウントの状態への影響はございません。

動画に広告が表示されて著作権所有者が収益を受け取っているか、または動画の視聴回数についての統計が著作権所有者に送られています。

著作権の侵害が疑われている動画における収益が、著作権所有者になるということになるので、YouTubeで収益を上げている場合には、これは痛いということになるのだと思います。

私の場合には、再生回数が3回(今回私が確認のために観たので4回)の動画で、著作権所有者の方に莫大な収益を受け取っていただくことが出来なく申し訳ないですが、このままの状態で様子を見てみます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です