single.php

無料期間のはずなのにAWSから$0.01の請求が届いた。

AWS使ってますか?請求アラームを設定しておいたら、無料期間のはずなのに請求通知が届きました。

請求額0.01USD

届いたメールの抜粋

ALARM: “BillingAlarm” in US East (N. Virginia)

Amazon CloudWatch Alarm “BillingAlarm” in the US East (N. Virginia) region has entered the ALARM state, because “Threshold Crossed: 1 out of the last 1 datapoints [0.01 (25/04/18 01:56:00)] was greater than the threshold (0.0) (minimum 1 datapoint for OK -> ALARM transition).” at “Wednesday 25 April, 2018 07:56:56 UTC”.

てな感じで、先回設定した請求アラームで指定した0ドルを超えましたというアラームです。流石はAWSです。

AWS 請求アラーム機能の設定方法

後日、Amazonコンソールにログインして請求額を見てみると

合計 1.00 JPY $0.01
要約    
AWS Service Charges 1.00 JPY $0.01
お支払い内容    
請求書に対して免除された支払い 1.00 JPY $0.01
     
詳細    
Route 53    
Amazon Route 53 DNS-Queries
$0.40 per 1,000,000 queries for the first 1 Billion
2 Queries $0.01

おそらく請求額が小額すぎて、免除されたことになってました。クレジットカードの手数料が上回るので、免除した方がAmazonさん的には得なんだと思います。

実際に、設定してあるクレジットカードの明細を確認してみましたが、請求されていることはありませんでした。

驚いたのは、詳細で記載されていた対象が「Route 53」で、100万クエリーで0.4ドルということでした。

無料枠がないサービスもある

有る意味勘違いをしてた訳ですが、AWSのサービスすべてに無料枠がある訳ではないです。今回は、無料枠で立てた仮想インスタンスのDNS名の解決に「Route 53」を使いました。

結局うまくいかなかったので、仮想インスタンスを停止してDNS設定も削除しましたが、クエリー数で課金される「Route 53」には無料枠がないということを初めて知りました。今回はギリギリセーフということでした。

これからは無料枠を過信せずに、課金される部分を調べてからAWSを使うようにします。

今回は短い投稿ですが、こんなところで終わります。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です