single.php

Kyashリアルカードが届いた(リアルカードの登録方法)

Kyash使ってますか?アプリを登録した時に、頼んでいたリアルカードが届きました。

スポンサーリンク

リアルカードが届く

Kyashのアプリを登録したのが6月13日なので、約3週間くらいで届いたことになります。何かと注目されているアプリなので、リアルカードの要望数も多いんでしょうね。

リアルカードが登場!クレカで簡単に送金ができるKyashに登録してみた

これから頼む方は、結構待たされるかも知れません。

ちなみに、リアルカードはこんな感じのお洒落な封筒で届きます。

早速登録

リアルカードを台紙から剥がしたら、QRコードが現れます。このコードを読み取ると登録に進むという流れになっています。

1つ注意する事項として、既にバーチャルカードを発行している場合には、そのカード番号がリアルカードの番号に置き換わってしまいます。

毎月継続して課金されるようなサービスにカード番号を登録している場合にはカード番号が変わってしまうので、リアルカードの登録後に、利用中のサービスでカード番号の変更が必要になります。

リアルカードの有効化の手順は簡単に行えます。

  1. アプリを起動してカードの発行操作を行います。
  2. [リアルカード有効化]を選択します。
  3. [カード番号]と、[有効期限]、[セキュリティコード]を入力します。

    セキュリティコードは、カードの裏面に記載されています。(この辺りは通常のクレジットカードと同じ仕様です)
  4. 発行済みのバーチャルカードが無効になる確認文書が表示されます。
  5. 先に進む必要があるので、[完了]ボタンをタップします。
  6. リアルカードの番号がKyashアプリに登録されます。

ここまで約3分くらいで、カードの有効化が完了しました。後はバーチャルカードの時と同じ様に、コンビニやクレジットカードから入金操作を行うことができます。

まとめ

リアルカードを持っていると、実店舗のカードリーダーでもKyashの残高を使って買物ができるので利用する機会がグッと増えます。

基本小額決済がメインの使い方になりますが、Kyashはキャンペーンをしているので、バーチャルでもリアルでもカードを決済に利用すると2%がキャッシュバックの対象になります。

通常のクレジットカードで溜まるポイントも、これほどキャッシュバックがあるキャンペーンは無いので、Kyashを積極的に使って生きたいと思います。

次回は、コンビニの入金やKyashアプリを使った送金など、アプリの使用感などについて記事にしていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です