single.php

Visual Studio CodeでGitHub上にリモートリポジトリを設定する

Visual Studio Codeには、Git向けの機能拡張が用意されています。操作方法は簡単になっていますが、設定方法でコマンドを使うなど、GUI操作になっていない部分が残されていて、少し分かりにくいので備忘録的に投稿します。

スポンサーリンク

リモートリポジトリの設定

ソース管理をする場所をリポジトリと呼んでいます。Gitによる管理は、ローカル上に設定する場所をローカル(リポジトリ)と呼んでいて、インターネット上(GitHub)をコミットする場所をリモート(リポジトリ)と呼んでいます。

リモート(GitHub)上で管理を行うためには、GitHubでアカウントを作っておく必要があります。GitHubのアカウント作成方法については、この記事では省略します。

また、ローカル上に先にコミットしておく必要があるので、ローカルリポジトリも先に設定しておく必要があります。ローカルリポジトリの作成については、別記事をご覧ください。

Visual Studio Codeでローカルリポジトリを作成する

  1. ローカルリポジトリにコミットした状態で、[ソース管理]画面のその他[…]をクリックして表示されたポップアップメニューから[プッシュ]メニューを選択します。
  2. [リポジトリには、プッシュ先として構成されているリモートがありません]エラーが面が表示されます。
  3. GitHubにサインインして、新しいリポジトリを作成します。
    [Repository name]に適当な名前を入力し、[Create repository]ボタンをクリックします。
  4. 作成されたリポジトリのプロパティが表示されます。
  5. 表示されている、リポジトリの名前をメモします。
    https://github.com/sample/sample.git(URLは適当に書いています)
  6. [ソース管理]画面の右下から[ターミナル]を選択し、次のコマンドを入力して実行します。git remote add origin <GitHubで作成したリポジトリのURL>
  7. [Enter]キーを押して、コマンドを実行します。
  8. 続けて、次のコマンドを入力します。git push -u origin master
  9. [Enter]キーを押して、コマンドを実行します。
  10. GitHubへのログイン画面が表示されます。
  11. GitHubのアカウントとパスワードを入力してログインします。
  12. リモートレジストリとして設定が終了します。
  13. [ソース管理]画面のその他[…]をクリックして表示されたポップアップメニューから[プッシュ]メニューを選択します。
  14. GitHubのリポジトリに、コミットが行われます。

Gitを使ったソース管理の場合

ソースコード編集>ローカルリポジトリへコミット>リモートリポジトリへプッシュ

の手順を繰り返します。

まとめ

リモートリポジトリの設定は、GitHubを使ってソースコードを公開する場合や、公開されているプログラムの取得して参考にするなどコードを管理する場合に覚えておいて損はないです。

GitHubとの連携は、これからプログラミングを経験する上で重要な要素になるので、Visual Studio Codeを使って、ソース管理を行っていきましょう。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です