single.php

Visual Studio Codeでローカルリポジトリを作成する

Visual Studio Codeには、ソース管理機能が用意されています。GitHubへ連携する機能拡張も用意されていますが、設定方法でコマンドを使うなど、すべてがGUI操作になっていない部分が残されていて、少し分かりにくいので備忘録的に投稿します。

スポンサーリンク

ローカルリポジトリの設定

リポジトリとは、ソース管理をする場所です。Gitによる管理は、ローカル上にソース管理をコミット(変更の確定)してから、別の管理場所(リモート)にコピーする形で行うことが一般的です。

管理を行うためには、確定するソースの保存場所であるローカルリポジトリを作成することから始めます。

  1. エクスプローラーなどで、管理する場所(空のフォルダ)を作成します。
  2. Visual Studio Codeの[ファイル|フォルダーを開く]メニューで作成したフォルダーを選択します。
  3. [ソース管理]画面の[リポジトリの初期化]アイコンをクリックします。
  4. 表示された[フォルダーの選択]画面で、同じフォルダを選択し[リポジトリの初期化]ボタンをクリックします。
  5. ローカルリポジトリが作成されます。

ソースコードの追加とコミット

ローカルリポジトリを作成したら、ファイルを追加してコミット操作を行います。ソース管理の対象は、プログラムのコードだけではないので、テキストファイルでも画像ファイルでも、ファイルであれば何でも対象になります。

  1. エクスプローラーの画面に変更して、開いているフォルダ内にファイルを作成(または追加)を行います。
  2. [ソース管理]画面に切り替えます。
  3. [変更]と表示されている部分右側の[+]または数字をクリックします。
  4. [ステージング済みの変更]としてファイルが追加されます。

    ステージングとは、ファイルがコミット対象として選択されたことを意味します。Gitでは、ファイルの変更>ステージング>コミットの操作を繰り返します。
  5. [ソース管理]右にある[チェックマーク]アイコンをクリックします。
  6. 後で判別できるように[コミット メッセージ]を入力します。
  7. 追加(変更)した内容がコミットされます。

ローカルリポジトリへのコミット作業は以上の操作を繰り返します。

コミットを元に戻す

変更をコミット後にミスを発見した場合には、元に戻すことができます。

[この部分を追加]の文字列を追加して、ローカルリポジトリへのコミット操作を行います。

  1. [ソース管理]画面に切り替えて、その他[…]メニューをクリックします。
  2. 表示されたポップアップメニューから[前回のコミットを元に戻す]メニューを選択します。
  3. コミットされた内容が元に戻されます。
  4. 変更があったファイルを選択すると、変更前と変更後の内容が2列で表示されます。
  5. 左側に直前のコミット前、右側にコミット後の内容が表示されます。
  6. 画面右のその他[…]メニューを選択して表示されたポップアップメニューから[選択範囲を元に戻す]メニューを選択します。
  7. 変更した内容が元に戻されます。
  8. [エクスプローラー]画面に切り替えて、対象ファイルが元に戻っていることを確認します。

まとめ

ローカルリポジトリへのコミットは、Gitを使う上で基本になるので、覚えておいて損はないです。ローカルだけでもソース管理を使うことで、様々なファイルの更新の履歴を追跡することが可能になります。

次回は、リモートリポジトリを設定してGitHubと連携してソースを管理する手順について記事を追加していきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です