single.php

かんたん車査定ガイドに登録したら結構大変だった話(愛車の査定額が一度に分かるとは限らない)

ライフハックという記事ではないですが、最近テレビCMなどで目にする、中古車査定の比較サイトを利用してみて、結構イメージと違ったので記事として投稿します。愛車を手放すことを検討されている方には事前に知っておいて損はない情報です。

入力したら査定額が表示される訳ない

「査定比較」とか「一括査定依頼」とか書いてあるサイトでも、その場で査定額が表示される訳ではないということです。

自分自身も勘違いしていた部分がありますが、概算表示といっても値段の幅はありますし、中古車を取り扱っている業者さんが査定した金額が一覧で表示されるイメージではありません。

そりゃそうですよね。激レアカードや音楽CDなどの中古品を取り扱っている訳ではなくて、自動車ですから取り扱う方も慎重になります。

オンラインでもオフラインでも最終的は、査定する業者の方に実車を見て値踏みをしてもらうことになります。

メールと電話が大量に届きます

[中古車 売却 査定]などで検索されるサイトに登録すると、一番最初に面食らうのは、いきなり登録した電話番号に多くの連絡が入ります。後で聞いた話ですが人気の車種になると、欲しい業者も増えるので、10社くらいから一度に連絡が入ることになります。

欲しい車種になれば、交渉権を得るための熾烈な争いになるので、メールなどの悠長な連絡ではなくて、直接電話での連絡になることが多くなるみたいです。

私の場合は登録後、1時間で6社からメールや電話で連絡が入りました。毎回、売却する車の詳細や車検証の内容を伝えることになるので、後の方になると結構面倒臭くなります。何のためにネットで情報を入力しているのか、この時点で疑問に思えてきます(笑)

基本査定額は同じ

中古車の流通形態から考えると分かりますが、基本査定で算出される価格は差はありません。オークションで落札される価格が相場になるので、各社とも出てくる査定額に差はありません。

A社〇〇万円、B社△△万円、C社□□万円と表示されている広告を見かけますが、実際は私の場合は、どこの買取業者から出てきた金額は横一線でした。

 査定金額査定方法
A社70~90万円車検証と走行距離を電話で伝えるオンライン査定
B社70~90万円店頭に持ち込んでの査定
C社70~90万円出張査定
D社70~90万円出張査定
E社50~120万円メールで走行距離と車のグレードを伝えるオンライン査定

この価格提示でも、なんのために比較サイトに登録したのか疑問に思えてきますが、実際には、どこの比較サイトや査定依頼サイトに登録しても、このような形になるそうです。

車検証と走行距離でオンラインで査定される場合でも出張で実車を見ての査定でも、出てくるのは相場での金額提示のみで、その後、交渉先として1社に絞った場合に、実際の引き取り金額が提示される流れになります。

買取業者にも得意分野がある

各社の査定してくれた人に聞いてみた話ですが、同じ中古車業者でも、買い取った後の業態が違う会社もあるようで、その辺りも買取価格に関わってくるようです。

  • オートオークションに出品

多くの業者さんは、このパターンが多いようで、ある意味固い値踏み(つまり相場の値段)になります。

  • 海外に輸出

買い取った車を海外に輸出する業態。SUVなピックアップトラックなど、海外でニーズがある車種やカテゴリーの車であれば優位な価格が出やすい。

  • チェーン店での店頭販売

大型チェーンの中古車業者に多く、オークションに頼らず、自社の販売網で販売する業態。手数料やオークションでのリスクが無いので自社の販売実績データが多い車種であれば、優位な価格が出やすい。

決算期が狙い目

買取業者もディーラーも会社なので、決算期が狙い目なのは変わりません。通常の9月や3月といった、半期や決算期での売却は少なからず売り手側に優位に働くことになります。

そうはいっても、桁違いの査定額が出るわけではなく交渉する場合の価格交渉が少し上がる程度です。

まとめ

価格比較サイトや、まとめて査定を依頼するサイトを利用する場合は、本気で車を売る場合のみ利用した方が良いです。

「相場が知りたい」とか、「どのくらいの価値?」などの生半可な気持ちで登録すると、電話やメールの対応に疲れます。

また、売却した場合も、その業者以外の担当者の方への連絡が必要になるので(自分から連絡しなくても、相手先から、”その後どうですか?”的な電話を受けることになる)

「今は相場での価格提示で、交渉時に後〇〇円上乗せします」という部分も各社同じなので、とどのつまり同じ金額になります。

数千円での価格まで買い取り価格が気になる場合は、各業者との交渉になりますが、その労力とのトレードオフになります。

結局、私は「チェーン店での店頭販売」している業者さんに売却を行いました。

理由は、買い取った後にオートオークションを使う業者の場合には、ほぼ価格は決まってしまっていて、車の状態などで上下する変動幅も同じです。つまりこの業態の場合には、どこと交渉しても結果は(ほぼ)同じ結論になります。

独自販売網を持つ業者の場合には、店頭でもネットでも販売している車の値段を見ることができます。売却する車を見つけるが置いてあれば、その価格差で、売却価格が妥当かどうか、確認することが出来るからです。

私が売却した車は、プラス20万円くらいの値段で販売されていて、その位の価格差であれば妥当であろうと判断しました。

中古車比較サイトや、まとめて査定依頼サイトの利用に迷っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です