single.php

デカール貼って完成 1/144 HG UNICORN GUNDAM 03 PHENEX (6)

ゴールド(金色)のエアブラシ塗装も終わって、いよいよフェネクスの完成しました。ユニコーンガンダムは、何度も組み立てていますが、全塗装したのは初めて。結構イカす仕上がりになったと自分では満足しております。

ユニコーン・ガンダムとは

テレビアニメ化されたガンダムシリーズ「機動戦士ガンダムUC」に登場する白色の1号機、黒色の2号機。ニュータイプ向けのサイコフレームが採用された機体で、本編では登場しない3号機が、MSV的なアウトサイドストーリーとして「機動戦士ガンダム ナラティブ」に登場します。

 

私も 「ユニコーンガンダム」はOVAをリアルタイムで見ていて大好きなガンダムシリーズの1つです。1号機2号機もちろん作りました。

1/144 RG UNICORN GUNDAM (1)

1/144 HG UNICORN GUNDAM 02 BANSHEE NORN (1)

ジオン、ネオジオンの曲線とは対比される直線を活かした機体には、どことなく軍用的なイメージが湧きたちます。

ということで、3号機の組み立てを始めていきます。

水転写デカール貼り

 

既に別記事でも投稿してありますが、今回は水転写式のデカール「Cloud Eleven 1/144&1/100用 警告(コーション)デカール 汎用」を使いました。キットにはツインアイと各種レンズ部分のシールが付属していますが、デカールシールは添付されていないので、社外品に頼ることになります。

細かな部分には、やはり水転写式のデカールが便利です。

レビューは別記事をご覧ください。

Cloud Eleven デカールを使ってみた[プラモデル用 警告(コーション)デカール 汎用 水転写式デカール]

デカールでディテールアップ

今回は金色機体の主張を妨げないように、警告デカール類の貼り付けは少な目にしました。

そんなに数は貼らなくても、少量のデカールがあると情報量が増えて雰囲気が出てきます。

Cloud Eleven 1/144&1/100用 警告(コーション)デカール 汎用」は、隅に□や〇などで警告部分を示すマークがレイアウトされているので、その部分をパーツの端部分に寄せて貼ることで、雰囲気が上がるように貼り付けることができるのでおススメです。

また、クリア感を消してしまうことになりますが、「Mr COLOR メタリックブルー」と「ガイアノーツ パールゴールド」の組み合わせもキラキラではなくギラギラな感じになって個人的には、良い仕上がりになりました。

 
 

塗装が面倒な方は、メタリック仕様の限定商品もありますよ。

フェネクス完成

ゴールド系の塗装で、メッキではないですがギラギラ感の増したフェネスクの完成です。

塗ってない部分は顔面くらいですが、メタリック塗装でかなり重厚感の増したガンダムにすることができました。

金属感のある機体に仕上がってますが、ライトの下ではキラッとしてくれます。

チャームポイントのアームドアーマーを装備すると、より存在感が増して良い感じに仕上がってくれました。

100均撮影用ブース

既に別記事でも投稿しましたが、フェネクス用に撮影ブースを作ってみました。ダイソーさんでワンコインで出来るので参考になれば幸いです。

100円ショップの組み立てラックで撮影ブースを作ってみる(500円で出来る写真撮影ボックス)

ブースを使えば背景など部屋が写りこみがなくなるので、製作した機体をキレイに見せることができますよ。

大きなサイズの黒画用紙を使えば黒背景などでの撮影もできるので参考にしてみてください。

まとめ

とりあえず、別キットが作りたくなってきたのでフェネクスの製作は完了することにしました。ユニコーンガンダム自体、HGでもスタイルはかなり優れた商品です。フェネクスの他にも様々なバリエーションが販売されているので、この記事が製作を考えている方の予備知識になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です