single.php

Ryzen 3900X 入手困難なので代替え機種を考えてみた(令和PC製作日記)

ようやく第3世代Ryzenの自作パソコンを組み立てる企画をしたのですが、肝心のCPUがまだ入手できてません。入手困難過ぎて、いつまでたっても製作ができなくなりそうなので、代替えCPUの検討を記事にします。

スポンサーリンク

まさに絶滅危惧種

全世界的に、供給が追い付いていないようで、Amazonでは、1~3カ月無いの発送になってます。ネットショップの前に店頭販売が優先されるので、3900Xなどの上位機種をポチることは不可能に近い。

限定品でもないのに、入手が困難なCPUに仕上がってきたみたいです。AMDファンとしては、嬉しいの極み(笑)

しばらく時間を置けば、値段と共に入手困難度も下がっていきますが、他のパーツも既に準備してしまっているので、それまでの間の代打を探してみることにしました。

AMD Ryzen 仕様

AMD公式ページから、C/T(コア/スレッド)、クロック数(ブースト/基本)、消費電力(TDP)、製造プロセス(CMOS)、最大メモリクロックをプロットすると、こんな感じになります。

GPU付きのモデルもあるので、実際にはまだありますが、筆者はGPUは外付け派なので、今回は割愛します。

C/TクロックTDPCMOS最大メモリ
クロック
3950X16/324.7/3.510573200
3900X12/244.6/3.810573200
3800X8/164.5/3.910573200
3700X8/164.4/3.66573200
2700X8/164.3/3.7105122933
27008/164.1/3.265122933
2700E8/164.0/2.845122677
1800X8/164.0/3.695142677
3600X6/124.4/3.89573200
36006/124.2/3.66573200
2600X6/124.2/3.695122933
26006/123.9/3.465122933
2600E6/124.0/3.145122677
2500X4/84.0/3.665122933
1600X6/124.0/3.695142677
16006/123.6/3.265142677
1500X4/83.7/3.565142677
14004/83.4/3.265142677

こうやって並べてみると、3800Xのベースクロックの高さが目立ちます。コア数が違うので、性能への影響はわかりませんが、ベースクロックが3.9GHzで回せるのは、現在のところ過去の機種も含めて3800Xのみ。

未発売の最上位機種の3950Xでも3.5GHzになっています。

AMDの場合、同じダイから取れるプロセッサーの選別して機種に振り分けているのが通例なので、今回も3800Xと3700X、3600Xと3600は同じ物と予想が付きます。

オーバークロックへの余力があるのが、3800Xと3600Xで、余力が無いのが3700Xと3600に回されていると推察できます。

コア数を考えると、3600X/3600を2枚貼り合わせたのが3900Xで、3800X/3700Xを2枚貼り合わせたのが3950Xかもしれません。そう考えると、3800Xの供給が遅れたので、3950Xが遅れる状況も符号します。

3800Xか2700Xか3600X

3950Xが登場していない状況で、3900Xの代替え候補を考えると、3800Xか2700X、3600Xになりました。

C/TクロックTDPCMOS最大メモリ
クロック
3900X12/244.6/3.810573200
3800X8/164.5/3.910573200
2700X8/164.3/3.7105122933
3600X6/124.4/3.89573200

今回の3000シリーズは新しく7nmのプロセスで製造されているので、同じクロック数で動作しても性能は変わります。逆に集積度が高くなっているので、同じ電圧を加えても発熱量は高い傾向になるはずです。

また、メモリクロック数も3200GHzまで対応できるようになっているので、2700Xを代替えとして考えるのは、ちょっと目新しさが落ちてしまいます。

3600Xは、TDPも低く製造プロセスやメモリクロック数も3900と同じでコア数だけが異なります。エンコード処理をメインで考えている場合は、この部分で少し落ちてしまう結果になります。

3800Xは、クロック数は3900Xに匹敵していますし、余力があるコアが選別されているので、オーバークロック次第では、3900Xを凌駕する結果になるかもしれません。

また、価格的にメインストリームの3700Xより7000円~8000円高いので購入するライバルが少ないというメリットがあります。

まとめ

現状、2700Xと3600Xはネットでも店頭でも在庫が少量あるようなので、Amazonで3800Xを購入をしています。(発送時までキャンセルができるらしい)

3900Xと3700Xは、欲しい人が大量発生中なので、次回入荷があっても瞬殺されてしまう勢いだと思っているので、コスト高な3800Xをあえてポチってみました。

次回入荷時の取り合いに負けた場合は、諦めて3600Xになる形で考えています。

AMD Ryzen 3900Xや3700Xで悩んでいる人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です