single.php

BENFEI DisplayPort(ディスプレイポート) – HDMI 変換ケーブル

新しく作ったPCのグラフィックカードにHDMI出力が少ないために変換ケーブルを購入したのレビューです。

スポンサーリンク

全長24センチ

こんな感じの変換ケーブルです。DisplayPortのオスと、HDMIのメスの端子になっています。

両端子の先端から計測して、全長は24センチ。端子部分を考えると約20センチくらいのケーブルになります。

ケーブル径は5ミリなので、細くはありませんが比較的柔らかい素材で出来ているので、取り回しの苦労は感じません。

パッシブタイプ

端子は経年劣化の影響を受けにくい金メッキされてました。説明書きによると、パッシブタイプの変換ケーブルなので、HDMIから変換ケーブルによるDVIやVGAに変換は出来ません。

HDMI側の端子はこんな感じ。肉厚の樹脂で固定されているので、ケーブルを差し込んでもグラグラしません。これは結構良いです。

DisplayPort側の端子幅は20ミリ

変換ケーブルで気になる端子の幅は20ミリでした。グラフィックカードなどは複数の出力端子が狭く並んでいることが多いですが、この端子であれば、気にすることなく繋げることができました。

まとめ

ケーブル端子の幅が狭くできているのでグラフィックボードのように出力端子が並んでいる状況でも余裕でケーブルを取りまわすことが出来ます。

ただし、HDMIへの変換できる解像度は、1920×1080でした。DisplayPortを使うような4Kサイズのモニターには使えません。あくまで、HDのディスプレイへの接続がしたいときのケーブルです。

DisplayPortの変換ケーブルの購入を検討している人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です