single.php

NIERBO HDMI 双方向切替器 レビュー(電源不要のHDMIセレクター)

使ってみて、非常に良かったので久しぶりに商品レビュー記事を投稿します。HDMI機器の出力を切り替えてくれるセレクターですが、双方向の入出力が出来て、電源を必要としない優れものです。

スポンサーリンク

早速開封

今回は、Amazonで「NIERBO HDMI 切替器 4K 60HZ HDMI セレクター HDMI Ver2.0 1入力2出力/2入力1出力 双方向 HDCP Ver2.2 手動 切り替え PS4 Pro Xbox DVDプレイヤー HDTV対応」を購入しました。購入時の価格は、約1,000円くらいです。 

同じような筐体の商品は他からも、沢山出ていて、内容は同じ製品だと思われますので、特別キャンペーンで特典が付いているケースが多いので、自分にあった特典の商品を選ぶのも良いので、よく調べることをお勧めします。

こんな化粧箱に入って、商品は届きます。

電源などは無いので、アダプターなども同梱されていないので出てくるのは本体のみです。また、HDMIケーブルは付属しません。切替器を導入すると、ケーブルが余分に必要になるので購入時には注意してください。

同じような装置のHDMIスプリッター(こちらは電源が必要)と比較すると、一回り小さい本体サイズになります。(本体のサイズは、51ミリ×49ミリ×20ミリ)

切り替えを行う、スイッチは物理式のスイッチが採用されていて、凸状態で#1側、凹状態で#2側に切り替わります。

安心の物理スイッチ

先述した通り、HDMIケーブルの切り替えは物理スイッチで行います。電源不要なので、当たり前な感じですが、電子式や接点方式で切り替える形ではないので故障など少ない感じを受けます。(まだ使い始めたばかりなので耐久性は分かりません)

ちょっと写真が傾きましたが、このくらいスイッチの高さが変わります。(この状態で#2側に切り替えった状態です)

HDMI機器側の電源に注意が必要

電源不要であるが故に、電源を確保する必要があります。つまりHDMIケーブルで伝わってくる電源で賄う必要があるので、例えば本体の電源オフ時にHDMIへの給電が無くなってしまう機器などを使う場合には使えません。

実際に使ってみると2つのHDMIケーブルからの給電で正常に動作する(給電が十分でないと、切り替え側を表示するインジケーター部分が点滅します)ため、1入力-1出力で利用することは出来ませんでした。

その他に、電源オフ時にHDMIへの給電が無くなってしまうXbox360などに使う場合にも注意が必要になります。

スプリッターとしては使えない

もう1つの注意事項として、この機器では1入力を2出力にする(例えば、PS4の画像を2つのHDMI機器に同時に出力する)ことには利用が出来ません。

おそらく、出力するための電源を確保できないのが原因だと思われますが、そのような使い方をする場合には、HDMIスプリッターを購入する方が無難です。

まとめ

物理スイッチで切り替える方式なので確実で故障も少ない切り替え装置です。何と言っても電源不要というのが経済的です。

2画面に同時出力するスプリッター的な使い方はできませんが、出力するモニターを切り替えたい場合や、出力する機器を切り替えたい場合などに重宝する機器です。

HDMIの電源確保だけに注意が必要ですが、パソコンやBD、PS4などでも試してみましたが十分な確保ができるので、普通に使えました。 

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です