single.php

100円ショップ「つっぱり棒」でも縦置きグラボの固定ができるか検証

先回紹介した「LINKUP PCI Express ライザーケーブル」でビデオカードの縦置きをしましたが自重で傾いてしまうので100均の「突っ張り棒」で支えられるか検証してみました。

スポンサーリンク

LINK UP PCI Express ライザーケーブル

ライザーケーブルの詳細については、別記事をご覧ください。

こんな風にカッコよく、グラボを取り付けられんですが大型のカードだと自重で傾いてしまいます。

100円ショップの突っ張り棒

そこで考えたのが「突っ張り棒」。

みんな大好き「100円ショップ」。今回は30~40cmの長さで調節できる突っ張り棒で支えられるか試してみました。

Amazonとか検索してみたんですが、横置きのビデオカードのサポート金具とかはあるんですが、縦置きのビデオカード向けの製品って見つかりません。

突っ張り棒でサポート

取り付けは簡単。ビデオカードの下側に突っ張り棒を当てて、PCケースに固定するだけです。

ケースが白いので「突っ張り棒」も白を使っていますが、黒いケースの場合は黒い突っ張り棒の方が目立たなくて良いかもしてません。

まとめ

100円ショップの突っ張り棒でもビデオカードをサポート(傾きを支える)する治具として使うことができました。

専用の商品もリリースされていますが、縦置き用の製品は数が少ないみたいなので、100円ショップの「突っ張り棒」でも十分に利用することができます。

縦置きビデオカードの傾きに困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です