single.php

RAVPower モバイルバッテリー RP-PB172

今回は、先回のAmazonタイムセールで手に入れた、モバイルバッテリー 「RP-PB172」をレビューします。RAVPower製品はいくつか使っていますが、ハズレが無いのでお勧めです。

スポンサーリンク

大容量モバイルバッテリー

最近Amazonの商品名が検索重視のためか、長文化が進んでいますが「RAVPower モバイルバッテリー 20000mAh【USB C入出力/18W急速充電/PD3.0対応/QC3.0対応/MFiとPSE認証】大容量 LCD残量表示 iPhone/iPad/Android/Type-C機種等対応 RP-PB172」です。長いよ(笑)

仕様で、20000mAhと謳うUSBモバイルバッテリーです。既に大容量のモバイルバッテリーは持っていますが、最近は災害などで停電のニュースを聞くので、万一の時のために追加購入しました。

備えあれば憂いなしということで、大容量のモバイルバッテリーが1つあると複数のデバイスを持っている時は安心できます。

RAVPower RP-PB172

化粧箱で届きました。

内容物は、バッテリー本体、USBケーブル(約20cm)と取扱説明書の構成です。

気になる重量は、421グラム。モバイルバッテリーとしては重い部類です。スマホに常時給電しながら使うという使い方には向いていません。

本体横には電源ボタンが配置され、押すと給電が開始されます。

充電状況は、デジタル表示されます。今まではLEDの数で充電状況を確認していたので、この表示は細かな数値まで判別できるので便利です。

充電はカラカラかと思いましたが、届いた段階で53%充電されていました。フル充電から始める場合に地味に嬉しいです。

USBケーブルで給電

せっかくデジタル表示なので、ストップウォッチでMicroUSBケーブルで充電速度を測ってみました。

ざっくりですが、表示の1%が上がるのに約3分で充電が進み、約5時間でフル充電になりました。

まとめ

普段使っている22000mAhのバッテリーと比較するとサイズ的に大きくなっていますが、入出力のUSB-Cや充電状態のデジタル表示、PD対応などを考えると、トレードオフな部分です。

使ってみて便利だったのは、充電状況がデジタル表示で、「1%=約3分」が頭にあると残りの充電時間が逆算できるので、出かける前に充電している時にイライラする時間が無くなり、おススメです。

次回は、しばらく使ってみた感想を追記していきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です