single.php

VisualStudioCodeでVBScriptを実行する

コードエディターとして人気のある「Visual Studio Code」でVBSファイル(Visual Basic Script)を実行する環境設定について、毎回忘れるので、備忘録的に投稿しておきます。

スポンサーリンク

ビルド タスクの実行

Visual Studio CodeでVBScriptを実行するには、「デバッグ」メニューではなく「ターミナル」メニューにある「ビルド タスクの実行」を使います。

以前は、VBS用のデバッカーが提供されていた気がしますが、今現在は提供されていないようなので、コードエディターとしてVSCを使う前提になります。

VBSファイルを実行する

難しいことは後回しにして、VBSファイルを実行するための操作です。

1. VSCでVBSファイルを作ります。

Msgbox "Hello World."

2. キーボードの[F1]キーを押して、表示されたコマンドに”Task”と入力して、表示された一覧から[Tasks: Configure Task]を選びます。

3. 作成された[task.json]ファイルを編集します。

{
  "version": "2.0.0",
  "tasks": [
    {
      "label": "run vbs",
      "type": "shell",
      "command": "wscript",
      "args": ["${file}"],
      "group": {
      "kind": "build",
      "isDefault": true
      }
    }
  ]
}

4. VBSファイルを選択した状態で[ターミナル|ビルド タスクの実行]メニューを選択します。

5. ターミナル画面が表示され、VBSファイルが実行されます。

これで、VBSファイルを実行する環境が整いました。

まとめ

Visual Basic Script(VBScript)は、デバッグの実行ではなく、ビルドタスクの環境設定を行い、「ビルド タスクの実行」メニューでスクリプトの実行を行うことができます。

VBS自体レガシー扱いなので、今後はPowerShellによるスクリプトの実行が主流になる感じですが、現行のWindowsでも動作するので開発を行うニーズはまだある言語になっています。

ただし、デバッガーが提供されていないので、デバッグが効率的に行える訳ではないですが、コードを書きながら簡単な実行テストであればVSCでも環境を整えることができます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です