single.php

3Dプリンター 1/144 ジオン兵 ノーマルスーツ 製作日誌(6日目)ヴィネット作成

光造形 3Dプリンター「ELEGOO MARS PRO」を使って、ジオラマで利用できるような、1/144 スケールのジオン兵フィギュアを製作していきます。今回は塗装した造形物を使ってブリーフィング風景のヴィネットを作っていきます。

スポンサーリンク

光造形 3Dプリンター ELEGOO MARS PRO

フィラメントのPLA樹脂などを利用する3Dプリンターが有名ですが、ELEGOO MARS PROは紫外線硬化するレジンを使って、造形物を印刷するプリンターです。PLA樹脂を使うプリンターよりも細かな造形ができるので、どのくらいの再現ができるのか、練習材料にガンダムで登場する「ジオン兵士」を製作していきます。

ヴィネットの作成

100円ショップのダイソーで入手できる角材で作成した土台を使って、作戦前のブリーフィング風景をヴィネットとして仕上げていきます。

モビルスーツデッキという設定にするのでプラ板を土台より一回り小さめにカットして、デザインナイフでスジ彫りをします。土台に対して斜めに線を入れるとフィギュアを配置した時に動きが生まれるので意図的に角度を付けています。

適当なグレーで塗装をして、仕上げにエナメル塗料でスミ入れをしています。

サイズが合いそうなデカールを貼り付けて、モビルスーツデッキの床部分を演出します。

ジャンクパーツから適当なダクト形状のパーツを流し込み接着剤で固定して、角材で作った土台に両面テープで貼り付けます。

ブリーフィング風景を作成

塗装したジオン兵を配置。床面を精巧に作れば作るほど、フィギュアが引き立ちます。今回はウェザリングをしてませんが、土埃などを再現すればもっと地上の雰囲気が出せます。

ポーズ的に遠くを見ているような情景になりました。本当は敬礼している設計ですが…

他のフィギュアも配置。サイズ的に造形した人数を減らして合計で4体にしました。

ダクトやデカールで情報量を増しているので、多少造形が甘くても、塗装が下手でも、なんとなくカッコ良く見えてくるので、人間の錯覚って凄いです(笑)

まとめ

今回は、ポーズや体型を変えたジオン兵のフィギュアを塗装を配置して、作戦まえのブリーフィング風景をヴィネットで作ってみました。

1センチ足らずの造形物なので、単体で飾るのは難しいですがしっかりとした土台を作って配置することで、小さなジオラマとして飾ることができます。

成功した造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回は、ジオン兵を使った番外編です。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です