single.php

EXモデル マゼラン 製作日誌(29日目)1段目ブースターの組立て

ブックオフで見つけた、掘り出し物的な「EX MODEL SAKAMIS & MAGELLAN」キット。いよいよ3Dプリンターで造形した大気圏離脱ブースターを組立てていきます。

スポンサーリンク

パーツの固定は瞬間接着剤

3Dプリンターで造形に使う樹脂は、プラモデル用のスチロール樹脂用の接着剤では固定できないので、瞬間接着剤を使います。

プラモデル用の瞬間接着剤も市販されていますが、貧乏性の私は100円ショップで購入した使い切りタイプのゼリー状を使っています。

芯にしているアルミパイプにパーツを1つずつ方向を合わせて瞬間接着剤を点付けして固定していきます。これを4つ組み立てます。

1段目ブースターロケットの組立て

ブースターロケットを固定するパーツを合わせた所、少し隙間が空いてしまったので2ミリの角棒を使って修正しました。ブースターロケットで隠れてしまう部分なので、適当な長さにカットしたプラ材を瞬間接着剤で固定して、筆塗りで同色に塗装しました。

ここから先は写真を撮るのを忘れていたので、一気に組みあがっていますが2段目のブースターを合わせながら組み立てていき、最終的に載せてもグラつかないようにパーツの位置関係に注意しながら組み立てていきます。

最後にマゼランの船体を載せて、最終チェック。グラグラせずに直立させることができました。

アルミパイプを芯材に使っているので、かなりの重量を載せても大丈夫です。

マゼランを載せると、約40センチ。戦艦というより鉄塔を作っている気分です。

まとめ

今回は「EX MODEL SALAMIS & MAGELLAN」キットのマゼラン用に3Dプリンターで造形した大気圏離脱ブースターの1段目ロケットの組立てを行いました。

マゼランを載せると、2段目ロケットも合わせて40センチくらいの巨大な造形物になりますが、アルミパイプを芯として使っているので船体を載せてもグラつかずに組み立てることができました。

造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回は1段目のブースターロケットを組み立てていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です