single.php

Windows11/10のエクスプローラーで[並べ替え]設定がリセットされてしまう場合の対処法

Windows11/10のエクスプローラーでフォルダーの[並べ替え]設定がリセットされてしまう場合の対処法を備忘録的に投稿します。

スポンサーリンク

フォルダー内の[並べ替え]設定

Windows エクスプローラーでフォルダーを作成後の並べ替えの既定値は[名前]>[昇順]になっています。

私の場合、ファイルの数が多くなると[更新日時]>[降順]に設定します。

設定後に同じフォルダーを開いても[並べ替え]設定は反映されていて、表示されるファイルの一覧も設定通りにソートされています。

しかし、気が付くと[並べ替え]設定がリセットされて[名前]>[昇順]になっていることがあります。

フォルダーの開き方に依存

色々調べて分かったことは、Windows エクスプローラーの[並べ替え]設定は、フォルダーに依存している訳ではなく、フォルダーの開き方に依存していることが分かりました。

例えば[デスクトップ]>[ソート]というフォルダーの場合、エクスプローラーのピン留めで設定されている[デスクトップ]から[ソート]フォルダーを開いた状態で[並べ替え]設定を変更します。

設定後にピン留め以外の[デスクトップ]フォルダー(Cドライブの[ユーザー]フォルダーからアカウント内の[デスクトップ]など)から[ソート]フォルダーを開いてみると[並べ替え]設定は既定値になっています。

つまり、Windows エクスプローラーの場合[並べ替え]設定は、フォルダーに依存している訳ではなく、フォルダーを開いた方法(ピン留め、ドライブ内のフォルダーなど)に設定が保存されるようです。

そのため、違う方法でフォルダーを開いた場合にはリセットされたように見える可能性があります。

フォルダーオプションで設定が確実

すべてのフォルダーに設定が反映されてしまうデメリットがありますが、フォルダーに表示される一覧の[並べ替え]設定が同じであれば[フォルダーオプション]画面の[フォルダーの表示]設定で強制的にすべてのフォルダーに同じ表示を強制する方法が確実です。

まとめ

Windows11/10のエクスプローラーでフォルダーの[並べ替え]設定がリセットされてしまう現象は、フォルダーを開く方法に原因がある場合があります。

エクスプローラーのピン留めやドライブ表示、お気に入りなどフォルダーを開く方法(手順)に[並べ替え]設定は依存してしまうために、別の開き方でフォルダーを開いた場合に設定がリセットされたように見えてしまう可能性があります。

よく使うフォルダーを開く方法を同じ手順(ピン留めやショートカットなど)で開くことで[並び替え]設定が反映された状態でファイルが表示されるようになります。

気が付くと、Windows11/10のエクスプローラーでフォルダーの[並べ替え]設定がリセットが表示されて困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。