single.php

明治探偵GAME 挑戦状伍「怪盗、消える」

ということで、明治探偵GAME 挑戦状伍「怪盗、消える」に行ってきました。(今回もネタバレなしの記事です)

最終レベルなので、相当難しいです。この挑戦状だけ、回答は1回(再挑戦は別途200円が必要)のみの縛りが付いています。

今回のキット内アイテムは「新聞」と「鬼のお面」だけです。これは、タカラッシュさんのゲーム性を知っていれば、簡単に解けると思います。何回もタカラッシュさんの企画に挑戦していると、だんだん手口が見えてくるみたいなモノです。(笑)

「新聞」と「お面」の謎を解くと、ある場所に導かれ、宝箱を開けると「キーワード」が出現。

これもお約束の追加ストーリーを入手します。この追加ストーリーが難題です。ここまでくる間に、最低でも挑戦状「参」と「四」はクリアしているので村内を散策しているので、別の挑戦状のヒントを見つけてしまっているんですが、今回の挑戦状伍のヒントは、結構分かりにくい(気が付かない所)に隠れています。

と言っても、崖とか危険なところではなくてあまり人が行かないような所を選んで設置されている感じです。(タカラッシュさんの努力です)

4人の証言者を集めると、いよいよ「ジダイ」との頭脳戦が始まります。頭脳戦と言っても、ヒントを1ひねりも2ひねりもしないと回答まで行きつきませんでした。色んな人に聞いてしまいました。

「報告します」と自信を持って受付に行って玉砕を何度もしてしまいました。(笑)おそらく、今までの問題で一番多く、追加課金をした挑戦状だと思います。

なんとか、数回目の回答で正解を引き当てることができました。今回も全問回答の缶バッチも手に入れることができました。

恐らく明治探検隊から始まって、初めて最後の回答が「宝箱」に無かったんじゃないでしょうか?

次回の成歩堂さん企画の予告がありました。「大逆転裁判2-成歩堂龍ノ介の覚悟- × 博物館明治村」

カプコン」さんなのか「SCRAP」さんなのか、オリジナルグッズ販売とは商魂たくましい(普通に欲しいですけれど…笑)

明治探偵GAME 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です