single.php

日清の黒歴史復活ー1995- サマーヌードルを検証

今回は、このブログ初の食べ物ネタを書いてみます。「レモングラス香るすっきりトムヤム味」「スカッと辛い夏スープ」ということで、日清から復活したサマーヌードルです。ということで、結構巷では辛辣な表現で書かれているカップラーメンですが、果たして本当にそうなのか、実際にお湯をかけて検証してみたくなりました。

自虐ネタが前面に

ラベルには「日清の黒歴史復活!-1995-発売当時、売れなかったあの味。あの時はレモングラス=レモン味だった。だからこそ食べてほしい。旨いですよ!」という自虐ネタが書かれています。

なかなか、目にすることが無いパッケージにネガティブな表現です。発売当時のことはさっぱり分かりませんが、とにかく売れなかったんでしょうね。まぁ日清さんのマーケティングをして商品開発をしているでしょうから、エスニックブームに投入して消費者が追いつけなかったという例だと想像はできます。

蓋部分の成分表示を確認すると、トマトパウダー、香味油、ブイヨン、魚介調味料、パプリカ色素とあたかもトムヤンクンを彷彿とさせる成分が並んでいます。

開封。そして臭いを嗅いでみる

蓋を開けた内部の様子(お湯を入れる前)です。謎肉っぽいベーコンと卵、そしてキャベツ、ネギというカップヌードルとしては標準的な布陣の「かやく」です。

スープは酸味があるような臭いがします。どう考えてもトムヤンクンかな。そしてお湯をかけて3分間経過して

はい、こんな状態です。酸味の効いたスープにいつものカップヌードルのちじれ麺の組み合わせです。後味としてレモングラス(レモン)の酸味が微かにしますが、強烈なレモン臭はしません。特に気にしなければ少し酸っぱめのトマトスープのラーメンです。

私のカップヌードデータベースから抽出すると、おそらくこの味はこれ

チリトマト味です。このスープが近い気がします。

最後に食べた感想

自虐ネタにもあるように、レモン味が受け入れられなかったというのは確かな気がしますが、私が試食した限りそんなにレモン味(臭)はしませんでした。後味としてもそんなに残る感じはしませんし、トムヤンクンのようなしつこい酸味も感じません。どちらかというとトマトスープのラーメン的な味を楽しめました。

日清のページでも、Amazonでも結構な安売りをしていますので夏の終わりですがサマーヌードルを体験されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です