single.php

ビットコインを始めてみる(coincheckのサインアップ)

最近流行の仮想通貨ビットコイン。タイトルに初めてと書きましたが正確には2回目です。当時は何のことかさっぱり分からなくて始めたのですが結局、何か良いのか分からない状態で放置してしまい、今回は若干乗り遅れ気味ですがリベンジです。

仮想通貨とは

仮想通貨ということで実態は無いお金です。私の認識では、お金の場合には実際に銅だとかの金属や紙で出来た紙幣を流通させて、いわば物々交換の延長線上で(見なしの)価値のある物と交換と言う形で取引を成立させていますが、ビットコインには実態はありません。お金でいう取引のログを実体化させて、誰々がこれだけ取引をしたので、これだけ持っているという概念で価値を生み出している話になります。

その他に、小数点以下でも売買ができるというのも仮想通貨の特長です。お金の世界では計算上は小数点以下が出てきますが、実際に取引に用いるのは整数値になります。ビットコインの場合には0.01とか0.001などの単位でも取引が成立します。この部分も株取引に似ている部分があります。

とりあえず始めてみる

bitFlyer 」、「coincheck」など様々な仮想通貨の取引場がインターネットには開設されています。相場は、ほぼ同じですが手数料や日本語化など違う部分もあるので調べてみて、自分に合った取引ができる場所を探し出すことから始まります。

私の場合は、色々調べて取引手数料が0と表示されている「coincheck」に決めてみました。取引手数料は今のところ無料ですが、この世界、手数料などは水物だと思った方が良いです(笑)

サインアップ開始

最近のサインアップ開始と同様にcoincheckもメールアドレス宛に仮登録を行います。この手順は、今回の記事では省略します。届いたメールに記載されているURLに接続して、サインアップが開始されます。

サインアップ後、サインイン画面に進みます。

とりあえず、サインアップは簡単に突破できました。次は各種手続きに入ります。銀行口座を開設するようなものなので、チェックは厳重です。

その前に、仮想通貨を取り扱うサービス、ソフトとしては大きく分けて2種類あります。1つはウォレット、もう1つは取引所です。ウォレットは文字通り「財布」です。取引した結果の通貨を物やサービスを購入したり仮想通貨の取引をするための軍資金を入金したりする役割を果たします。

取引所は、仮想通貨の売買を行うソフトで言わば取引の履歴を更新するソフトです。現状の仮想通貨の場合、どちらかというと使うという側面より株(先物)のように売買を通じて利益を生み出す側面の方が活発に行われています。

coincheckもサインアップ後すぐに「ウォレット」機能は使えるのですが、「取引所」の機能は使えません。事前の提出物の処理を行う必要があります。

本人確認の手続き

まずは、電話番号を使って認証を行います。これも良くあるので解説不要だと思いますが、SMSメッセージをスマホやケータイに送信して電話番号で本人を認証します。

これで、取引所で利用する(実際に仮想通貨を購入する)ための軍資金を入金する準備ができました。「日本円を入金する」ボタンをクリックして次に進みます。

本人確認の次は住所の確認です。これは郵送で送られる郵便物を受け取る必要があるので時間がかかります。「本人確認書類を提出する」ボタンをクリックします。

様々な規約に同意をして、「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」ボタンをクリックします。

[IDセルフィー](免許書などの提出書類を持った自撮り写真)と提出書類を画像化(スキャンとか撮影とか)して、アップロードします。

本人確認のために1~2営業日待つ必要があります。とりあえず今回はここまでで終了。本人確認のためのハガキが送られてくるのを待つことにします。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です