single.php

ネット通販を商品券で買う方法

数年前はカルワザステーションで、Amazonギフト券を商品券で購入できた。あの時代は良かった。ということで、ネット通販の代金を商品券で支払う方法について現状を調べてみました。

Amazonギフト券を購入

調べてみましたが、Amazonギフト券を商品券で購入できる店舗やサービスは見つかりません。借金の返済にクレカの現金化を防止するためか、現金のみでの購入になっている場合が多いです。この方法は、サークルK・サンクスでカルワザステーションで商品券が使えなくなってから終了になっている状態ですね。

商品券を現金に変換

金券ショップで調べてみると商品券の銘柄にもよりますが、おおよそ換金率が95%といったところです。10000円の商品券が500円、100000円なら5,000円の損です。5%はキツイですよね。これなら、食料品などの生活費を商品券に廻して浮いた現金でAmazonギフト券と購入した方が良いという話になります。

カメラ系のネット通販で店舗受け取り

一番現実的な選択肢です。「ビックカメラ」とか「ヨドバシカメラ」とかの大規模店舗のネット通販サイトでは、商品の受け取りに店舗を指定することができます。近くの店舗にない商品でもネットで注文することで移動してくれるます。しかも店舗での受け取りの場合には支払い方法も店舗側の規定が使えます。つまり商品券が使えるという事になります。

ただし商品によっては、Amazonなどに比べて同じ商品でも割高になる場合もあります。よく調べてから利用することをオススメします。

まとめ

様々な方法を考えてきましたが、効率よく商品券の額面でAmazonなどの通販を利用するには普段現金で支払っている部分を商品券を使う事で、出来た現金でAmazonギフトカードを購入するの方法ということが分かりました。しかし、この方法でまとまった金額の現金を手に入れるには、少々時間がかかることになります。

時間が足らない場合には、「ビックカメラ」とか「ヨドバシカメラ」などの店舗受け取りを利用する。金券ショップなどで換金する。などの方法がありますが、換金率が低いので手に入れられる商品の値段との相談になります。

換金率が95%だとすると、Amazonの表示価格と「ビックカメラ」とか「ヨドバシカメラ」の表示価格の差が5%以内であれば、店舗受け取りや換金にも分がありますが、それ以外の場合にはコツコツ現金を貯めた方が良いことになります。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です