single.php

EXCEED MODEL GUNDAM HEAD 1(箱売りでコンプリする方法)

ホームセンターで、「EXCEED MODEL GUNDAM HEAD」の箱売りを見つけたので、コンプリしてみました。開封直後で商品の並び順が変わっていなければ、最小限の購入で揃えることができます。

スポンサーリンク

一列買いでフルコンプを狙う

近所のホームセンターで見つけた時は、こんな感じで陳列されてました。

で、思い出したのは「EXCEED MODEL ZAKU HEAD 2」を箱買いした時の記憶

箱買いした時に、分かったんですがガチャも工業製品なんで種類別に並んでいるですよ(この時は、レアは左上にありました)

その流れを踏襲しているのであれば、横に同じ種類が並んでいるので縦に1列買えば、すべてのバリエーションが揃うことになります。

自分を信じて、3個購入して開封してみます。

早速開封の儀

まぁ大丈夫だろうという気持ちが多いですが、誰かが、入れ替えているという若干の心配もありつつ、早速開封して検証してみます。

1個目。G3ガンダムが出ました。ザクヘッドと違って、保護パーツで隠してありますが、バルカンや後頭部は結構露出してます。

保護パーツを外すと、ツインアイや側頭部のダクトの造形が現れます。メンテナンスハッチ風のモールドなども追加されていて結構作りこまれています。

底部の保護パーツが首と土台になっています。

側頭部を広げるように可動させて(内部構造もモールドが追加されていて、それらしくメカが作られています)

頭頂部の「ちょんまげ」を引っ張り出します。

側頭部を閉じて、別パーツで用意されているアンテナブレードと顎パーツをそれぞれ、取り付けます。

アンテナブレード裏にもモールドが追加されていて、かなり詳細な作りになっています。

組立て時間、5分くらいで最初の「EXCEED MODEL GUNDAM HEAD」が完成。

後頭部にもキチンとモールドが追加されていて、かなり詳細に作り込みがされています。

左側の側頭部には「G-3 103 RX-78-3」のマーキングが印刷されてます。

続いて2個目、「フルアーマーガンダム」がでました。

ツインアイ部分は、共通でクリアイエロー(裏に銀塗装)で再現されています。

側頭部のマーキングは「FSWS FA-78-1」が印刷されています。

ドキドキしながら、3個目を開封。すこしドキドキしましたが、当然のように、「78-2」ガンダムが出てくれました。フルコンプ完了です。

頭部バルカンも黄色に塗装されていて、ツインアイの下の隈取も赤く塗り分けされています。

側頭部には「WB 102 RX-78-2」のマーキングが印刷されてます。

箱売りなら並び順でフルコンプ可能

他の人が変えてしまうリスクはありますがEXCEED MODELの場合、箱売りであれば、横に同じバリエーションが並んでいるという並び順になっているようです。

まとめ

ザクヘッドに比べて、部品点数が少ないので組み立てる楽しみはないですが、アンテナや後頭部にもキチンとモールドが追加されていて、詳細な作りになっています。

側頭部が開く可動があり、内部メカもそれなりに作りこまれているので、メンテナンスシーンとして頭部を飾ることも出来るように作られています。

一部の彩色は成型色ではなく、塗装による塗分けになっているので、若干の塗料が剥げているところがありますが、再塗装すれば済むので500円だと思えば、十分なクオリティがありました。

商品の並びが分かれば、一気にフルコンプすることも検証できたので次回以降も使ってみます。(他の人が並びを変えていることもあるので、100%じゃありませんので、あしからず)

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です