single.php

Google AdSenseの支払先をゆうちょ銀行に変更する

Google AdSenseで発生した収益の支払先を「ゆうちょ銀行」に変更する場合の手順の備忘録的な記事です。

スポンサーリンク

支払先を変更するタイミング

Google AdSenseに係わらず、アフィリエイトの報酬は月末で締められて、翌月以降に銀行口座などに振り込まれます。AdSenseの場合は、指定した口座に振り込まれるには8,000円を超える必要があり、口座の確認に3~5営業日が必要になります。

AdSenseの支払は21~22日に行われるため、変更した支払い先で受け取るには、それまでに口座の確認が済んでいる必要があります。

そのため、逆算すると少なくとも、その月の14日くらいまでに変更を行っておくことになります。

手続きはAdSense画面で可能

支払先口座の変更はAdSenseの管理画面から行います。

1. AdSense管理画面の「お支払い|お支払い方法」を選択します。

2.「お支払い方法を追加」をクリックします。

3. 表示された「お支払い方法を追加」画面で、口座の内容を入力します。

4. ゆうちょ銀行の場合、キャッシュカードでは支店コードや口座番号が分かりません。通帳を用意して、次のように入力を行います。

ゆうちょ銀行の場合、銀行コードは[9900]を入力します。支店コードと口座番号は、通帳の最初のページに記載があります。

[店番]:支店コードに入力、[口座番号]:受取人口座番号に入力

[メインの支払方法に設定]:次回からの支払先に利用する場合にはチェックを付けます。

すべて入力したら「保存」ボタンをクリックします。

5.「銀行口座の確認」画面で「OK」ボタンをクリックします。

6. 支払い方法に口座情報が追加されます。

ここまでで手続きは一旦終了です。3~5営業日後に指定した口座にデポジット(口座の有効性確認)の入金があるまで待ちます。

口座の預金を確認

作業をしてから、しばらくすると口座に「グーグル(ド」から1~99円の少額の入金があります。

入金された額(毎回異なります)を確認したら、AdSense管理画面の「お支払い」メニューで追加した口座の「確認」リンクをクリックします。

表示された「Googleからのデポジット入金の確認」で金額を選択して「確認」ボタンをクリックします。

銀行口座が確認され、支払い先として利用ができるようになります。

まとめ

デポジット入金の確認をするのに数日を要しますが、AdSenseの支払先の口座を変更するのは簡単にできます。

ゆうちょ銀行の場合「支店コード」と「口座番号」がキャッシュカードに無いので、通帳を確認する必要があるのが注意点です。

Google AdSenseの報酬をゆうちょ銀行に変更するのに困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です