single.php

VisualStudioCode 1.47 気になった機能レビュー

2020年06月にリリースされた「Visual Studio Code」の新しいバージョン1.47に追加された機能で気になった部分のレビューを投稿してみます。

スポンサーリンク

2020年5月にリリースされたバージョン1.46 に関する別記事もご覧ください。

ソース管理の表示と並べ替え

Gitなどと連携するソース管理のポップアップメニューに[表示と並べ替え]が追加されました。

ソースコードのコミットやステージされたファイルを一覧で表示する画面で、表示形式(一覧|ツリー)と並べ替え(名前順、パス順、状態順)で、ソートを行えます。

まとめ

今回は、個人的に気になる部分が少なかったので記事も短くなっています。あしからず。

他の機能や詳細な部分は、1.47のリリースノートをご覧ください。

「Visual Studio」と聞くと、Windowsアプリの開発環境としてのイメージが大きいですが、「Visual Studio Code」の場合、LinuxやMacOSでも利用者が多くなってきているマルチプラットフォームに対応したスクリプトエディタです。

その他に、インストールする場所を変更する「ユーザーセットアップディストリビューションへの切り替え」が実施されています。メッセージが表示された場合には、新しいインストール場所に再インストールをお勧めします。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です