single.php

1/144 HG改造 MS-06F ガルマ・ザビ専用ザク製作日誌(13日目)上半身の組立て

ガルマ・ザビ専用ザクを 1/144 HGキットを改造して作っていきます。今回は頭部と上半身を組立て、3D造形したパーツで動力パイプをアップグレードしていきます。

スポンサーリンク

動力パイプの造形

スプリングに通して動力パイプをアップグレードするサードパーティのパーツがありますが、3Dプリンターを使えば夢のように量産することができます。

動力パイプの造形については、別記事をご覧ください。

塗装してスプリングに通すだけで、動力パイプをRG的な表現に変えることができます。

脚部の動力パイプも同じサイズでアップグレードすることができます。

上半身の組立て

塗装したバルカン砲を追加造形した頭部と、大型ヒートホークを組付けていきます。

肩アーマーを付けていませんが、仮組み状態なので、あしからず。

珍しく、肘部分の塗り分けがパーツの分割と同じなので、バラしてパーツ毎で塗装するだけで、キレイに塗り分けすることができます。

まとめ

今回は、上半身の組立てを行いました。肘部分に塗り分けがありますが、HGオリジンザクのパーツ分割通りにバラして簡単に塗り分けることができるので簡単にエアブラシで塗装をすることができます。

製作したキットは、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回は、ガルマ・ザビ専用ザクの上半身を組み立てていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です