single.php

ASRock UEFIでTPM2.0を有効にする

ASRock製マザーボードでWindows11のシステム要件の1つである TPM 2.0 を有効にする手順の備忘録的な投稿です。

スポンサーリンク

Windows11のシステム要件

Windows11へのアップグレードが配信されると、Windows Updateにシステム要件に関する表示がでるようになります。

システム要件には様々な項目がありますが、メモリーや記憶デバイスなどの他にセキュリティに関する項目も多く含まれています。

要件を満たさない項目として、よくあるのが[セキュアブート(Secure Boot)]と[TPM 2.0]です。

今回はASRock マザーボードのUEFIで[TPM 2.0]を有効にする方法です。メーカーやUEFIによって設定項目が異なる場合があるので、あしからず。

AMD fTPM switchを有効化

AMD製のCPUに対応したASRock UEFIでは、TPM 2.0 に関する項目はUEFI内の[AMD fTPM switch]で行います。(Intelチップの場合は、おそらく名前が異なります)

具体的な手順は

1. UEFIを表示します。(起動時にDELまたはF2キーを連打)

2. 上部メニューの[アドバンスド]を選択します。

3. 表示された一覧から[AMD fTPM switch]を[無効]から[AMD CPU fTPM]に変更します。

4. 上部の[出口]メニューの[設定を変更して、再起動]を選択して変更した設定を反映させます。

この設定で、TPM 2.0に関する設定が有効になります。

ちなみにもう一つの[セキュアブート(Secure Boot)]は、UEFI 画面の[セキュリティ|Secure Boot]で表示される画面の[セキュアブート]項目を[有効]にします。

まとめ

Windows11のシステム要件の1つである[TPM 2.0]をAMDチップセットに対応したASRock UEFI で有効にする場合、UEFI 画面で[AMD fTPM switch]項目を設定する必要があります。

ASRockマザーボードのTPM 2.0の設定に困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です