single.php

TANAX(タナックス)バイクミラー ナポレオン B-10 ミラー用高さ調整スペーサー レビュー

Amazonで購入した「タナックス(TANAX) バイクミラー ナポレオン B-10 ミラー用高さ調整スペーサー」が届いたので開封してレビューしてみます。

スポンサーリンク

バイク用ミラー高さ調整ネジ

今回購入したのがこれです。「タナックス(TANAX) バイクミラー ナポレオン B-10 ミラー用高さ調整スペーサー

先回、PCXの純正ミラーを「タナックス(TANAX) バイクミラー ナポレオン リュートミラー ブラック 左右共通 10mm 正ネジ APE-104-10」交換してみましたが、どうしても後ろが見辛くなってしまったので、スペーサーで調整をしてみます。

内容は10ミリネジの部分を20ミリ延長するスペーサーが2本入っています。

開封レビュー

梱包されている内容は、こんな感じ。

ワッシャーと「締めすぎ注意」ラベルの貼られた本体が1つずつ。

Amazonのレビュー欄に「シールを剥がしたら錆びていた」と多くコメントされていましたが、届いた商品には錆はありませんでした。

経時で錆びると思われるので、とりあえず、底部分にシリコンスプレーを吹いておきました。

PCXの場合は、マスターシリンダー横の純正ミラーが付いて場所です。

リュートミラーの取り付けネジに、ワッシャーを入れてスペーサーを取り付けます。

あとはミラーを取り付けて完成、ミラーが20ミリ高くなりました。

マスターシリンダーが邪魔してレンチが入れ辛い感じがありましたがスペーサーを使うと、浮いた分レンチが回しやすくなります。

奥行き方向の延長

リュートミラーは、ミラーの付け根が回転するようになっているので、このネジにもスペーサーが取り付けることができます。

ミラーの取付高さではなく奥行きを延長できます。

こんな感じで、スペーサーを間に入れることで、ミラーをハンドルよりも前に迫り出すように取り付けることが出来ます。

スペーサー取り付けの比較

前から撮影したミラーの取付具合はこんな感じ。

向かって左側が、高さ方向にスペーサーを入れて取り付けたリュートミラーで、右側が、奥行き(写真ではスペーサーで手前に伸ばして)方向に取り付けたリュートミラー。

前から撮影すると、こんな感じ。

向かって右側が、高さ方向にスペーサーを入れてます。比べると、低い方が見映えは良くなります。

今回は、ミラーが奥に行くようにスペーサーを入れてしばらく走ってみます。

まとめ

PCXの純正ミラーを「タナックス(TANAX) バイクミラー ナポレオン リュートミラー ブラック 左右共通 10mm 正ネジ APE-104-10」に交換してみましたが、後ろが見辛くなってしまったので、高さ調整用の「タナックス(TANAX) バイクミラー ナポレオン B-10 ミラー用高さ調整スペーサー」を追加で購入して試してみました。

スペーサーを入れて高さを上げてみると、後ろが見やすくなりましたが、せっかく低い位置に取り付けたミラーが元に戻ってしまいました。

色々試行錯誤して観た結果、ミラーを回転させる支柱部分にスペーサーを入れて取付位置を奥にすることで、ミラーの高さを変えずに視界を確保することができました。

バイクに取り付けて、しばらく使った後で再度レビューをしようと考えています。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。