single.php

WordPressのバックアップと復元(Updraft Plusプラグイン)

新しいプラグインを入れたり、WordPressで試してみたいことがあった時に、元に戻せまるプラグインです。手軽にバックアップと復元が行えます。

仮想環境のスナップショットのような感じでバックアップと復元が行えるプラグインです。有償版もあるようですが、無償版でも十分な機能を持っています。

使い方

WordPressの管理画面[プラグイン]メニューで、[UpdraftPlus]を検索して、インストールして[有効化]を行います。

有効化したら、管理画面の[設定]から[UpdraftPlus Backup/Restore]を選びます。今の状態をバックアップするために「今すぐバックアップ」ボタンをクリックします。

[一度だけバックアップを実行]画面が表示されます。設定はそのままで[今すぐバックアップ]ボタンをクリックします。

バックアップが実行されます[バックアップの進行状態]で状況が表示されます。

しばらくすると、バックアップが完了します。これだけでバックアップは終了です。

続いて、復元方法[バックアップ済み]タブを選択して復元するバックアップを一覧から選びます。

[復元]ボタンをクリックします。

[バックアップを復元]画面で復元する項目を選び[復元]ボタンをクリックします。

復元が実行されます。

しばらくすると復元が終了します。

WordPressのバックアップとなると、FTPクライアントなどでサーバー側でファイルをコピーするイメージが大きかったですが、プラグインをインストールして画面上からバックアップが出来るようになる非常に便利なプラグインでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です