single.php

Hyper-VでISOファイルからインストールする場合のエラー(The unsigned image’s hash is not allowed)

Hyper-Vでオペレーティングシステムのインストール時に、ISOからのファイル読み込みでエラー「The unsigned image’s hash is not allowed」で先に進まない場合の対処方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

原因

オペレーティングシステムのセットアップオプションでファームウェアが「第2世代」(UEFI)が選択されている場合に、エラーになります。ブートオプションでセキュリティが厳しいために発生します。

Performing DHCP Negotiationの場合

オペレーティングシステムのブート画面で「Performing DHCP Negotiation…」が表示されたまま停止します。

【対処方法】

  1. [停止]操作をして、オペレーティングシステムのインストールを停止します。
  2. [仮想環境の設定]画面で[ハードウェア|セキュリティ]オプションで[セキュアブート]項目の[テンプレート]を[Microsoft UEFI 証明機関]に変更します。
  3. [適用]ボタンをクリックして、仮想環境を起動します。
  4. オペレーティングシステムのブートが開始されます。

The unsigned image’s hash is not allowed (DB)の場合

オペレーティングシステムのブート画面で「The unsigned image’s hash is not allowed (DB)」が表示されます。

【対処方法】

  1. [停止]操作をして、オペレーティングシステムのインストールを停止します。
  2. [仮想環境の設定]画面で[ハードウェア|セキュリティ]オプションで[セキュアブート]項目の[セキュア ブートを有効にする]チェックボックスを無効(チェックを外す)にします。
  3. [適用]ボタンをクリックして、仮想環境を起動します。
  4. オペレーティングシステムのブートが開始されます。

それでも解決しない場合

セキュア ブートのオプションを変更してもブートが出来ないオペレーティングシステムのブートディスクもあります。

そのような場合には、ファームウェアの設定画面で第2世代ではなく「第1世代」を選択することでセキュリティに邪魔されることなくインストールが開始されます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です