single.php

米国AmazonでXBOX Gift Cardを購入する手順

XBOX ONE 使ってますか?以前にマイクロソフトアカウントで米国のギフトカードを購入する手順を紹介しましたが、今回は米国Amazon(日本のAmazonではありません)で購入する手順を紹介します。

スポンサーリンク

基本的には日本と同じ

サイトデザインが統一化されているので、米国サイトの英語でも日本サイトと見比べると、だいたい何かが分かります。

アカウントの作成部分は、日本サイトと同じなのでこの記事では省略します。日本サイトと若干違う、アドレス帳部分の入力手順を紹介していきます。

住所は米国国内

Amazon.comの場合も「マイクロソフトアカウントで米国のギフトカードを購入する手順」同様に、米国に実在する住所を入力していきます。

たいていの方は住所など無いと思います。商品を届ける場合は使えませんが、ダウンロードやコードなど電子メールで納品される場合には、ホテルなどを検索してホテルの住所を入力すれば大丈夫です。

実際に商品を届ける場合には「商品転送」を生業にしている業者を利用することもできます。その辺りは別記事で書きたいと思います。

入力手順

次のような手順で住所を入力していきます。

  1. Amazon.comにサインインして「Account & Lists」メニューから「Your Account」を選択します。
  2. 表示されたアカウントメニューから「Your Addresses」項目を選択します。
  3. 「+Add Address」を選択して、住所を入力します。

    入力する項目は、上の画像を参考にしてください。入力する住所によって、課税される率が異なるので、税率がない「オレゴン州」「ニューハンプシャー州」などを調べて入力することをおススメします。
    ホテルに連絡されても困るので、[Phone number]には、日本の電話番号を入力しておきます。
  4. 入力後は「Save」ボタンをクリックしてアドレス帳に追加します。

クレジットカードの登録

住所が入力できたら、後はクレジットカードの入力を行います。

  1. 住所入力の時と同様に「Account & Lists」項目から「Payment options」を選択します。
  2. 「Credit or Debit Cards|Add a card」でカードの名義人(Name on card)、カード番号(Card number)、有効期限(Expiration date)を入力します。

    「Use this card across all of Amazon」チェックは、他のAmazonサービス(AWSなどのサービス)で使うかという問いなので、購入だけなら無効(チェックをしない)で構いません。
  3. 「Add your card」ボタンをクリックします。

ギフトカードの購入

いよいよ、ギフトカードの購入です。

  1. Amazon.comを表示して「Xbox Gift Card」を検索します。
  2. 「Subscription Length」一覧で金額を選べます。
  3. 必要な金額を設定後「Buy and get code」ボタンをクリックします。
  4. 住所登録がされていない場合には、確認画面が表示されます。

    表示された場合には、「Change your country setting」リンクをクリックします。
  5. 表示された「Change country setting」画面で、「Existing Addresses」一覧から先ほど入力したアドレス帳を選択します。
  6. 確認画面が表示されます。「Payment Method」、「Billing address」を確認して「Complete purchase」ボタンをクリックして注文を確定します。
  7. 注文操作が完了後、ギフトカードのコードがメールで受信されるまで待ちます。

次のようなメッセージが表示された場合

Sorry, processing is taking longer than expected.

この画面はエラーではありません。認証に時間が掛っているだけなので、しばらく待つことでコードが発行されます。(トラブルの元になるので、再注文などはしてはダメです)

詳しい内容は別の記事を参考にしてください。

Amazon.comで[Sorry, processing is taking longer than expected.]と表示された場合

まとめ

マイクロソフトアカウントよりは、クレジットカードによるエラーが無いのでAmazonでの購入をおススメめします。

Microsoftアカウントで購入する方は、1ドルから購入できて無駄がない魅力がありますが、Amazonでもある程度の(10ドル刻み)で購入ができるので、許容範囲だと思います。購入できないと意味ないですからね。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です