single.php

DIY 仕事机のリニューアル(テーブルクロスを貼ってみた)

今回は仕事場のパソコン机のリニューアルをしてみました。かなり以前に購入した事務机で天板も結構古くなってきたので、テーブルクロスを貼って仕上げてみました。自分クオリティですが、上手くできたので記事にしてみます。

スポンサーリンク

リニューアル前(ビフォー)

リニューアル前は、緑色の天板は当時は珍しかったので購入した机です。この天板にテーブルクロスを貼っていきます。

今回使ったテーブルクロスはこちら。

ホームセンターで購入した「吸着テーブルクロス・ホワイトウッド」価格もそんなに高くなく、裏面にすべり止めの加工が施されてます。

テーブルの寸法が1200㎜×650㎜なので、1500㎜×300㎜を2つ購入しました。

テーブルクロス編

最初は机の長さに合うようにテーブルクロスを切ります。鉛筆でテーブルクロスに線を書いていきます。

後は、定規とカッターでテーブルクロスを切ります。

裏面の保護シートを剥がして(これ結構大変でした)

机に貼り付けていきます。奥の黒いのはモニターアームで、この下に敷くのは至難の業でした。保護シートを剥がすと、すべり止め効果が絶大になるので、1人での作業は無理です。

2枚を少し重ねるようにしてテーブルに貼り付けます。写真で見ると少し塗装が剥がれた木工机に見えます。

表面がエンボス加工されているので手触りも良く、直接触れる手首の滑ってくれるので快適になりました。

ラック支柱で配線隠し

前から考えていましたが、この技使えると思います。キーボードやマウスは優先を使っているので、どうしても机の奥にケーブルが伸びていきます。

その配線を隠す技です。

利用するのは「ラック支柱」と言うもので、通常は棚を作るための柱です。ホームセンターで購入できます。

これを机の上に置くだけです。

本来であれば棚板が嵌る溝に、ケーブルを通します。これだけで結構オシャレにケーブルを隠すことができます。

ネジ用の穴には、こんな感じでクリップを配置してみたり、アクセサリーや小物置き場としても使えます。(なんとなくオシャレ感)

リニューアル後(アフター)

キーボードとマウスの配置を元に戻して完成。

今回のリニューアルで使った費用

テーブルクロス(1500㎜×300㎜):598円×2ロール
ラック支柱(910㎜):798円
合計:1,994円

テーブルクロス自体は、安価で色んな柄が用意されているので色々バリエーションが増やせます。天板に飽きてきた方、一度リニューアルして気分を変えるのも良いと思います。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です