single.php

Windows10でL2TP/IPsecを使ってVPN接続を行う手順

VPN知ってますか?インターネットからルーターに接続してLAN側のパソコンに接続できるようになる機能です。Windows10で事前共有キーを使ったL2TP/IPsecの設定をする時にハマったので備忘録的に投稿します。

スポンサーリンク

早速設定

前置きなしで設定していきます。

  1. 管理ユーザでWindowsにログインを行います。
  2. [スタート|設定]を選択して表示された[Windowsの設定]画面で[ネットワークとインターネット]を選択します。
  3. [ネットワークとインターネット]画面の左側の一覧から[VPN]メニューを選択します。
  4. [VPN接続を追加する]をクリックします。
  5. 表示された[VPN接続を追加]画面で接続に必要な項目を入力します。

    [VPNプロバイダー]:Windows(ビルトイン)
    [接続名]:適当
    [サーバー名またはアドレス]:VPN接続を行う先のIPアドレスなど
    [VPNの種類]:事前共有キーを使ったL2TP/IPsec(自動にするとハマります)
    [事前共有キー]:VPN設定時に追加した共有キー
    [サインイン情報]:ユーザー名とパスワード
    [ユーザー名]:省略可能
    [パスワード]:省略可能
  6. [保存]ボタンをクリックして設定を反映します。

これで操作は終了です。

どうしても自動にしたい場合

[VPNの種類]を自動にしたい場合、[事前共有キー]を入力する項目が非表示になります。どうしても自動にしたい場合には、次の画面から共有キーを入力していきます。

  1. VPNの接続を追加します。
  2. [アダプターのオプションを変更する]を選択します。
  3. 表示されたネットワーク接続の画面から追加した[VPN接続]を選択して、マウスの右ボタンをクリックして表示されたポップアップメニューから[プロパティ]メニューを選択します。
  4. 表示された[VPN接続のプロパティ]画面で[セキュリティ]タブを選択します。
  5. [VPNの種類]の[詳細設定]ボタンをクリックします。
  6. [詳細プロパティ]画面で[L2TP]タブを選択します。
  7. [認証に事前共有キーを使う]を選択して[キー]に設定したキーを入力します。
  8. [OK]ボタンをクリックして[詳細プロパティ]画面を閉じます。
  9. [OK]ボタンをクリックして[VPN接続のプロパティ]画面を閉じます。

この手順で、自動を設定しても事前共有キーを設定することができます。事前共有キーを入力する場所を探していてハマりました。

少し短いですが、今回の投稿はこんなところです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

「Windows10でL2TP/IPsecを使ってVPN接続を行う手順」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です