single.php

Windows10のタッチスクリーンが壊れた場合の対処方法

タッチスクリーン使ってますか?Windowsパソコンで、タッチスクリーンが壊れた場合の対処方法を備忘録的に書いてみます。

スポンサーリンク

ノートパソコンで壊れると最悪

実際なりました。デスクトップが使いたくて、ラップトップ型のパソコンで閉じた状態で肘を乗せて、デスクトップのキーボードを「カチャ、カチャ」していたら、ノートパソコンのキーボードがタッチスクリーンに押し付けられていたみたいで、一部分のセンサーが押しっぱなしの状態になってしまいました。

タッチパッドの方でマウスポインターを動かしても、瞬時にタッチスクリーンのセンサーの方に移動するようになってしまい、最悪な状況になりました。(笑)

再起動しても、一定の場所にマウスポインターが固定されてしまうので、操作不能に陥ります。ログインすら出来なくなりました(笑)

タッチ スクリーンを無効にする

最善策は、デバイスマネージャーを開いて、「HID 準拠タッチ スクリーン」を無効にしてみましょう。

次の手順で、ドライバを無効にすることでタッチスクリーンが反応しなくなります。

  1. 「ここに入力して検索」に”デバイスマネージャー”と入力して「デバイス マネージャー」を開きます。(Windows10の場合)
  2. 表示された「デバイス マネージャー」から「ヒューマン インターフェイス デバイス」を探します。
  3. 「HID 準拠タッチ スクリーン」を選択して、マウスの右ボタンをクリックして表示されたポップアップメニューから「デバイスを無効にする」メニューを選択します。
  4. タッチスクリーンのセンターが無効になり、マウスポインターが移動しなくなります。

タッチスクリーンを使わないのであれば、これでパソコンとして使えるようになります。

操作不能の場合にはリモート接続

タッチ状態でマウスポインターが動かせない場合は、別のコンピュータがあれば、リモート接続すると、操作しやすくなります。(リモートデスクトップアプリがセットアップされていれば、スマホやタブレットでも代用可能)

リモート先ではタッチスクリーンの影響を受けないので通常操作でデバイスマネージャーの操作ができるようになります。

私のノートパソコンで起きた不具合は、電源オフにしてしばらく放置したら治りました。再度タッチスクリーンを使う場合には、同様の操作で「デバイス マネージャー」で「デバイスを有効にする」メニューを選択することになります。

もう2度と、ラップトップの天板上には肘は置きません。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です