single.php

3Dプリンター 1/1200 黒い三連星 MS-06R 高機動型 ザクII ORGIN版 製作日誌(1日目)デザインと試し印刷

光造形 3Dプリンター「ELEGOO MARS PRO」を使って、先回印刷した MS-06 Zaku 2 を修正して、高機動型ザクを制作していきます。今回はデザイン修正と印刷を行いました。

スポンサーリンク

同じスケールで「ムサイ改型 ワルキューレ」も制作しています。

https://blog.janjan.net/2020/08/19/3d-printing-musai-walkure-vol-1/

光造形 3Dプリンター ELEGOO MARS PRO

フィラメントのPLA樹脂などを利用する3Dプリンターが有名ですが、ELEGOO MARS PROは紫外線硬化するレジンを使って、造形物を印刷するプリンターです。PLA樹脂を使うプリンターよりも細かな造形ができるので、どのくらいの再現ができるのか、練習材料にガンダム ORIGINで登場する「艦隊指揮艦ドズル専用 ムサイ改型ワルキューレ」を製作していきます。

Design Sparkで試し書き

今回も3D CADは「DesignSpark Mechanical」という3D CADソフトを使ってモデルデータを作成しました。無料で利用ができるので、3D CADに興味がある方は公式ホームページをご覧ください。

ザク2のデザインを修正するだけなので、そんなに時間をかけずにデザインできました。

修正と言っても、1/1200 のスケールなので、細かなモールドは再現できないので、脚部を若干変更しただけです。

特長的な脚部のスラスターバーニアも印刷時に飛んでしまう可能性があるのでデザインには含めていません。

武器パーツ(特にオルテガ機)は特徴的なので、新しくデザインを起こしています。ガイア機は、右肩もシールド形状になっているので、その辺りも新しく追加してみました。

とりあえず印刷

修正前のデザインは既に、印刷すみなので同じような場所にサポート材を追加して、複数取りで印刷を行いました。

本当なら3体分あれば良いんですが、印刷や塗装時のトラブルも見越して、予備用のパーツを印刷してあります。

流石に、既に印刷しているので脱落もなく余裕で印刷できるようになってきました。

武器パーツ

細い部品で構成されている、対艦ライフルや大型のヒートホーク(斧)なので、サポート材の剥がれを心配しましたが、印刷できてます。光造形、流石の再現度!

ライフルの銃身やヒートホークの持ち手部分は、約0.2ミリくらいです。

3D CADと聞くと、難しそうな響きですが、結構簡単に習得できるのでこれから3Dプリンターで印刷してみたいと思ったら、「DesignSpark Mechanical」を試してみてください。興味のある方は公式ホームページをご覧ください。

まとめ

今回は、オリジン版の高機動型ザクをデザインして試し印刷をしてみました。

3D CADを使って、微細なモデルを作るのは試し印刷の繰り返しになりますが、修正してすぐに再印刷ができるのも3Dプリンターの良い所です。

成功した造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

3万円くらいの3Dプリンターで、これだけの出力ができるようになっているのは驚きです。0.2ミリのモールドもキチンと再現されているので、塗装してスミ入れしてみたい気持ちになります。

次回も、塗装を行っていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です