single.php

100円ショップのケースでペインティングスタンドを自作する

100均でも手に入る、ケースを使って塗装棒を立てるペインティングスタンドを自作する方法を紹介します。

スポンサーリンク

蓋つきケースの方が良い

ダイソーやセリアなどの100円ショップには色んなケースが置いてありますが、その中でも、ペインティングスタンドに使えるのは、トレーディングカードや化粧品や小物入れに使える、蓋つきのケースが適しています。

理由は、普段使わない時は、蓋をして重ねて置けるようになります。

つまり、こういう感じのケースを使います。

段ボールを敷き詰めるだけ

作り方は超簡単。段ボールをケースの高さに合わせて(だいたいで構いません)、断面を上にしてケースに敷き詰めるだけです。

塗装スティックを抜く時に、段ボールがケースから飛び出さないように隙間なく敷き詰めることがコツです。

段ボールが足らない場合には、両面テープなどで段ボール同士を貼り付けるか、ケースに貼り付けても大丈夫です。

後は、塗装スティックを断面に差し込めばペインティングスタンド替わりになります。

使わない時は、蓋を閉じて棚に置いておけます。

まとめ

今回は100円ショップで購入できるケースでペインティングスタンドの自作方法を紹介しました。

専用品も売ってはいますが、不要になった段ボールがあれば簡単に作ることができるので試してみてください。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です