single.php

Microsoft AuthenticatorにGoogleアカウントを追加する方法

Microsoft Authenticator使ってますか?Microsoftアカウントのサインインする時に認証パスワードを省力化してくれるスマホアプリです。アプリの設定には、Microsoftアカウント以外でも追加ができるので、その手順を紹介します。

スポンサーリンク

結論面倒くさい

Microsoftアカウント以外は、2段階設定のコードを入力することになるので、設定は出来ても面倒です。入力が面倒な人は、この記事の内容は読んでも意味がないです。(笑)

あらかじめご了承ください。

2段階認証が必要

アカウント設定をする前に、Googleアカウント側で2段階認証の設定が必要です。オフの場合には設定を行う必要があります。

設定手順

実際に、Microsoft Authenticatorへのアカウント追加は以下の手順で行います。

  1. Googleアカウントにサインインを行い、[ログインとセキュリティ]から[2段階認証]の画面に進みます。
  2. [予備手順の2番目を設定]項目から[認証システム アプリ|設定]リンクをクリックします。
  3. 表示された[認証システム アプリからコードを取得]画面で、利用するスマートフォンの種類を選択して[次へ]ボタンをクリックします。
  4. [認証システムの設定]にQRコードが表示されます。
  5. [Microsoft Authenticator]アプリのアカウント画面で[+]をタップします。
  6. [アカウントの追加]画面で[その他(Google、Facebookなど)]を選択します。
  7. 表示されたカメラ画面で、手順4で表示されたQRコードを読み取ります。
  8. [Microsoft Authenticator]アプリの画面にGoogleが追加されます。
  9. 表示されているコードを、2段階認証側に入力します。(コードは時限設定があるので、手早く行う必要があります)
  10. [完了]画面が表示されます。

ここまでで、作業は終了です。

外部システムにより認証を既定値にするには、[2つ目の手順]項目の[Googleからのメッセージ(デフォルト)]を削除します。

実際の認証操作

設定したGoogleアカウントでログインを行います。パスワードを入力後、コードを入力する画面が表示されます。

[Microsoft  Authenticator]に表示されるコードを入力します。(30秒間の制限時間があるので手早く入力する必要があります)

[このパソコンでは次回から表示しない]チェックを有効(チェックを付ける)にすると、次回から入力が求められなくなります。

Microsoftアカウントと違って、コードを入力する必要がありますが、他のアカウントの外部認証ツールとして利用する事ができるようになります。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です