single.php

3Dプリンター 1/144 モビルダイバー ゼーゴック製作日誌(29日目)ジャブロー上空に海原を見たを再現

光造形 3Dプリンター「ELEGOO MARS PRO」を使って、1/144 モビルダイバーシステム ゼーゴックを作っていきます。前回失敗したゼーゴックの「ジャブロー上空に海原を見た」の飛行シーンを再現していきます。

スポンサーリンク

光造形 3Dプリンター ELEGOO MARS PRO

フィラメントのPLA樹脂などを利用する3Dプリンターが有名ですが、ELEGOO MARS PROは紫外線硬化するレジンを使って、造形物を印刷するプリンターです。PLA樹脂を使うプリンターよりも細かな造形ができるので、練習材料に機動戦士ガンダム MS IGLOOで登場する「モビルダイバー ゼーゴック」を製作していきます。

背景に青空を表示

ディスプレイベースに青空を配置しましたが、この方法だとゼーゴックを上から見るしか飛行シーンに見えないので、背景に青空が見えるように撮影してみました。

やり方は簡単。フリー素材の青空写真をモニターに全画面で表示して、その前にディスプレイベースを置いて撮影してみます。

実際に撮影したのが、こんな感じ。

ディスプレイベース部分を切り取ってみると、飛行シーンになります。

他の角度から撮影してみたのが、この写真。した部分を切り取ると上空を飛んでいるように見えてくれます。

真横から撮影してみても、どうですか下の部分を切り取ると、飛んでいますよね。

まとめ

今回は、完成させたゼーゴックを青空を全画面で表示したパソコンのモニター前に置いて飛行シーンの撮影をしてみました。

青空の部分の背景を切り取れば、見事にゼーゴックの飛行シーンを再現することができました。

成功した造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

今回でゼーゴックの制作日誌は終了です。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です