single.php

PS Storeの支払いにLINE Payカードは先にウォレットにチャージした方が得

PS4でゲームを購入する時の「お支払い方法」で「LINE Pay カード」を選択するよりウォレットに先にチャージした方が付与されるポイントがお得な場合があります。

スポンサーリンク

PSストアの支払い方法の優先順位

「LINE Pay カード」は、プリペイド式のクレジットカードと認識されるので、通常のお支払い方法としても利用が可能です。

PS Storeのお支払い方法の優先順位として、先に「ウォレット」の残額を消化して、不足分をクレジットカードなどの登録した「お支払い方法」から決済するルールになっています。

例えば、ウォレットに300円の残額があり、3,000円のゲームを購入しようとする場合、残額が先に支払いに充てられるので登録しているクレジットカードへの請求は、2,700円になります。

LINE Payの「マイカラー」にもよりますが、2%のポイント付与がある場合、3,000円であれば、60ポイントのLINEボーナス付与が54ポイントになってしまいます。

僅か、6ポイントですが損した気分になります。マイカラーは前月の決済金額で変動してしまうので、付与率が高い時に付けておきたくなります。

ウォレットへのチャージ

カート内の支払いを行う前に、ウォレットに「LINE Payカード」からチャージをすることで、ポイントを無駄なく付けておくことができます。

例えば、2,990円のゲームを普通に「LINE Payカード」で決済すると2%の還元率で、59ポイントですが、3,000円を先にチャージしておけば、60ポイントにしておくことができます。

残りの10円分は別の機会に使えば良いだけなので、なるべくキリの良い金額でチャージしておいた方が端数のポイントが無駄になることがなくなります。

ウォレットへのチャージ方法

コード決済による還元キャンペーンがない場合には、オンラインでチャージしても付与率は変わらないので、PS4のアカウント情報からウォレットに直接チャージできます。

1. PS4の「設定|アカウント情報|ウォレット」メニューを選択します。

2. 「ウォレット」画面の「チャージ(入金)する」を選択します。

3. お支払い方法で「LINE Pay」カードを選びます。

4. チャージ額を選びます。(上限は20,000円)

5. 「チャージする」を選択します。

6. 即時「LINEウォレット」から通知が届き、PSNのウォレットに金額がチャージされます。

まとめ

「LINE Pay」から付与されるボーナスは利用金額によって決まるので、なるべくキリの良い金額で使った方がお得にポイントが付与されます。

特にマイカラーによる付与率が高い(前月の決済金額が多かった翌月など)時に、チャージしておくことで後から利用するよりもお得にポイントをゲットすることができます。

「LINE Payカード」を使って、少しでもポイント付与を稼ぎたい人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です